天皇賞秋2019 展望レポート

令和天皇ご即位後、初の天皇賞秋。

 

今年は豪華なメンバーが顔を揃え、

頭数も登録馬が16頭の多頭数開催。

 

例年比較的穏やかな決着となる

レースでございますが今年は果たして・・・。

 

天皇賞秋の過去5年間の好走馬を、

血統、脚質、距離実績、臨戦過程などから分析し、

今年の有力穴馬を探って参りまする。

 

出走登録馬と予想人気


※出馬表はnetkeiba.comさまより無断拝借(*_ _)

 

ルメール殿は当然アーモンドアイに騎乗。

そして、当然の1番人気予想で単勝1倍台の予想。

 

スワーヴリチャードが

あまり人気にならぬようでございますな。

 

記事を書いておる途中で枠順発表が・・・

枠順は以下の通りでございまする。

 

 

 

天皇賞秋過去の傾向

それでは過去5年の好走馬の傾向を見て参りましょう。

 

なお、3着馬と0秒1以内の着差だった馬も、

展開や進路ひとつで馬券になっていた可能性が有るため、

「好走馬」に含めて検証して参りまする。

 

という事で、過去5年の好走馬は21頭となりますな。

 

血統傾向

 

ディープインパクト産駒

好走馬21頭中9頭がディープ産駒で、

ディープと同血のブラックタイドを含めると10頭が好走。

好走馬の約半分を占める非常に有力な血統でございます。

 

ディープ産駒の中でも、

母父に米国型ノーザンダンサー系をもつ馬が5頭。

 

母父が欧州型血統の場合は、

欧州型ミスプロ系かダンチヒ系を母父に持っておりました。

 

今年の該当馬

【ディープ×米国型ND系】

・カデナ

・マカヒキ

 

【ディープ×欧州型ミスプロ系又はダンチヒ系】

・ワグネリアン

・ケイアイノーテック(※米国型ミスプロ系)

 

欧州型ミスプロ系の血

ディープに匹敵するのがキングマンボ系を中心とした

欧州型ミスプロの血で、父か母父に欧州型ミスプロ系の

血を持つ馬は、馬場を問わず21頭中8頭を占めております。

 

今年の該当馬

 

【父または母父が欧州型ミスプロ系】

・アーモンドアイ

・サートゥルナーリア

・ユーキャンスマイル

・ランフォザローゼス

・ワグネリアン

 

ワグネリアンは「ディープ×キングカメハメハ」で

両方の傾向に合致しておりますな。

 

不安材料はディープ産駒のダービー馬が、

4歳以降にG1で好走できるかどうか?

という事でございましょうか。

 

近走のレース傾向

過去5年間の好走馬21頭の、

直近3走のレースクラスに傾向が出ておりました。

 

近3走以内にG1に出走していなかった馬で

好走したのは、アンビシャス・スピルバーグ

そしてラブイズブーシェの3頭のみ。

 

この3頭の中で、実際に馬券に絡んだのは

スピルバーグのみでございますな。

 

【近3走以内にG1不出走馬】

・カデナ

・ゴーフォザサミット

・スカーレットカラー

・ドレッドノータス

・ランフォザローゼス

 

以上の5頭については

過度の期待は禁物なのやも知れませぬなぁ。

 

 

脚質傾向


過去5年間に馬券になった15頭には、

近3走以内に初角9番手以内の追走実績がございました。

 

天皇賞秋は、中距離戦としては流れが速くなりやすく、

直線が長いコースの為、上りの速さも重要になるものの、

初角を「ひと桁番手」で通過できるだけの追走能力の方が重要。

と申せましょう。

 

逆に追込み一辺倒のタイプは分が悪く、

速い上りで追込むものの、馬券圏内には届かず。

と言うのがこのレースの傾向でございますな。

 

【近3走全て追込みだった馬】

・カデナ

・スカーレットカラー

 

前走で初角4番手以内で通過した馬を除くと、

前走の上り順位が5位以内だった馬が好走。

 

【前走上り5位以内】

・アーモンドアイ

・カデナ

・サートゥルナーリア

・スカーレットカラー

・スワーヴリチャード

・ドレッドノータス

・ユーキャンスマイル

・ランフォザローゼス

 

距離実績

昨年の優勝馬レイデオロを除き、

過去5年間に馬券になった14頭には、

1800m以下の重賞で好走歴がございました。

 

今年の出走馬で、

1800m以下の重賞実績が無いのは

・カデナ

・ゴーフォザサミット

・サートゥルナーリア

・ドレッドノータス

・マカヒキ

・ユーキャンスマイル

・ランフォザローゼス

 

ただし、今年は消耗戦ラップを本領とする

アエロリットの存在と、追走ペースが速いアルアイン。

この2頭の存在が、消耗戦ラップを形成しそうでございますな。

 

そうなりますと、

昨年の天皇賞秋と似たイメージの

ラップパターンとなる可能性が非常に強く、

唯一の例外馬レイデオロと同様に、

1800m以下重賞実績を持っておらずとも、

2000m以上の平坦戦ラップ(RP指数54以下)または、

消耗戦ラップ(RP指数52未満)で勝ち負けした馬は、

割り引くと痛い目にあわされそうな予感がいたしまする。

 

上記の7頭の中で、2000m以上の

平坦戦・消耗戦ラップで好走した経験が有るのは・・・

・カデナ(小倉記念2着)

・ユーキャンスマイル(阿賀野川特別1着)

・マカヒキ(札幌記念2着)

・ランフォザローゼス(青葉賞2着)

 

 

まとめ

中心はアーモンドアイで仕方ない感じですが・・・

 

特注馬

注目馬は、昨年1番人気で10着に敗れた

④スワーヴリチャード

 

この馬は、ハーツクライ産駒としては珍しいタイプで、

距離短縮や、前走よりもペースが速くなる事を好む。

と言う傾向の有る馬でございますな。

 

大阪杯・安田記念などG1に限ると特にその傾向が顕著で、

昨年は、安田記念からの延長ローテで、ペースダウンの1戦。

 

今年の臨戦過程は、宝塚記念からの短縮で、

アエロリットがペースメーカーとなれば、当然

ペースは前走より早くなる見込み。

 

その宝塚記念は苦手と言われる右回りで、

今回は得意の左回り替わりとなりますな。

 

そして「右回り→左回り」という

「回り替わりローテ」では5戦して複勝率100%

 

今回は必ずやスワーヴリチャードらしい競馬を

見せてくれることでございましょう。

 

ハーツクライ産駒の当コース3着以内シェアは、

今年の出走馬に限定するとディープ、ステイゴールド

に次ぐ3位で、キングカメハメハよりも適性は上。

 

また、今日の大雨の影響で、

当日の馬場は、良まで回復したとしても

「非高速馬場」になる可能性が高く、

スピード決着ではやや分が悪い本馬には

まさに恵みの大雨と申せましょう。

 

休み明けではございますが、フォトパドックで見る限り

毛づやはピカピカと輝いており、太目感はございませんな。

 

少なくとも拙者の目には、

前走時よりも具合は良さそうに映りまする。

 

穴馬候補

ネガティブデータ「1800m以下重賞実績」

に引っかかってはおりますが・・・

 

⑥ユーキャンスマイル

 

前走は3200mから2000mへの

超短縮ローテをあっさりと克服して見せました。

 

ペースが速くなり、持久力を問われる展開になれば。

 

血統傾向にも合致しており、楽しみな存在。

 

爆穴候補

 

過去の傾向の

ネガティブデータに該当しまくる

馬ではございますが・・・

気になるのは①カデナ

 

「ディープ×ヴァイスリージェント系」の配合は、

天皇賞秋の黄金配合でございますな。

 

また、連続好走中のディープ産駒格上げ戦。

 

高速馬場では、このメンバーに入れば

全く歯が立たぬ存在ではございましょうが、

時計が掛かる馬場や、上り時計の掛かる展開となれば、

3着あたりに紛れ込んでくる可能性も。

 

 

もう1頭

前走オールカマー組の成績がかんばしくないのは

承知の上でございますが・・・

非高速馬場なら面白そうな血統馬

 

⑦スティッフェリオ

 

父がステイゴールドで、母父にムトト。

このムトトは古馬になって覚醒した

凱旋門賞の僅差2着馬で、その時の1着馬は

トニービンでございますな。

 

両親揃って高速馬場は不向きなタイプで

両親揃って晩成傾向の強い血統でございます。

 

あめの影響が残る馬場が前提となりますが、

前走オールカマーが覚醒の予兆であったならば、

ここで2桁人気の低評価をくつがえす場面があっても

全く驚けぬ存在でございまする。

 

拙者の最終結論は、レース当日13時頃に

「G1天皇賞秋 EZ-WIN予想」にて

ブログ内無料公開の予定でございますれば

馬券検討の際には是非お立ち寄りを(*_ _)

 

それでは天皇賞秋の予想をお楽しみ下され。

 

なお、土曜重賞「G3アルテミスS」の

EZ-WIN予想は、無料メルマガにて無料配信致します。

 

G2スワンSのEZ-WIN予想は

「投資馬券レシピ倶楽部」限定配信となります。

↓↓↓

投資馬券レシピ倶楽部のご案内 

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!