G1菊花賞 展望レポート

今週は、いよいよ今年の3冠最終戦「菊花賞」でございますな。

全馬が初めての距離となるレースだけに、血統を重視すべきレース。

 

下位人気馬の台頭もレアではなく、

昨年も7番人気のフィエールマンが優勝し、

10番人気のユーキャンスマイルが3着。

 

一昨年は2桁人気馬2頭が2着・3着の大波乱。

 

それでは今年の「本当の有力馬」を

血統と近走脚質などから暴いて参ります。

 

脚質傾向

2013年以降の良馬場開催で馬券に絡んだ

12頭の内、キタサンブラックを除く11頭が

前走上り3Fタイム順位3位以内でございました。

 

今週の京都は、土曜日までは小雨が続く予報でございますが、

先週の秋華賞が、わずか1日で不良→稍重に回復したように

非常に路盤の状態が良さそうで、水はけも良いようでございます。

 

今週日曜日は、朝から晴れの予報で、気温も25度前後まで

上がるようでございますれば、ほぼ良馬場開催となりましょうなぁ。

 

ラップパターンと血統傾向

菊花賞は馬場やレース展開によって

血統傾向に変化がみられるレースでございますな。

 

近5年で4頭を馬券圏内に送り込んでいる

ディープインパクト産駒にも、馬場・ペースにより

母系の血統傾向に違いが見られます。

 

馬場が悪くなると、後半の時計が掛かり、

良馬場でもペースが速いと後半の時計が掛かりますな。

 

ラップ理論的に申しますれば、

後半の時計が掛かるレースは「消耗戦」と分類され、

前半よりも後半の方が速くなるレースを「瞬発戦」

と言うように分類致します。

 

この「ラップの分類」を数値化した

RP指数」を物差しに考えますと、

RP指数が55以上のレースは「瞬発戦」

RP指数50以上55未満のレースは「平坦戦」

RP指数50未満のレースは「消耗戦」

 

このように分類できます。

 

昨年は「RP指数61.0」の瞬発戦で、

上り3F最速タイムは33秒9という

長丁場とは思えぬほどの高速上りでございました。

 

このような「瞬発戦」では、ダービー好走馬を

多く出すような「リーディング上位」の種牡馬産駒が

強くなりまする。

 

そして、瞬発戦においては、

サンデー系上位種牡馬の母父の

血統傾向に面白い特徴がございますな。

 

ディープ産駒は「母父に欧州血統」

その他の中長距離型サンデー系(Tサンデー系)を

父に持つ場合は、「母父に米国型血統」

 

このような特徴が見受けられまする。

 

切れ味に特化しやすいディープ産駒の場合、

スタミナ不足を補完できる母父が必要となり、

元々が長距離適性の高い牝系とサンデーサイレンス

という配合から産まれた多くのTサンデー系の

種牡馬を父に持つ場合には、短距離的なスピードと

切れ味を補完できる米国型の母父が必要となる。

 

このように拙者は解釈しておるのでございます。

 

ただし、ディープ産駒の場合も、母系にスピード能力の高い血

を持ち合わせていることが非常に重要であります。

 

今年のディープ産駒

今年の出走馬にディープ産駒は以下の3頭がおりますな。

 

⑤ワールドプレミア(母父欧州型)

⑭サトノルークス(母父欧州型)

⑱メイショウテンゲン(母父米国型)

 

ワールドプレミアの母父は欧州型アカテナンゴ。

これは、瞬発戦の切れ味を引き出す血で、

母母父に欧州型ノーザンダンサー系という配合。

 

前走はサートゥルナーリアが強すぎた印象で、

着差は大きかったものの、上りは最速の32秒台。

 

上位人気馬の中ではこの馬がイチオシでございまする。

 

サトノルークスは母父が欧州サドラーズ系。

ただ、母母父も欧州血統という配合で、

米国型が全く入っておらず、これは若干の割引材料。

 

平坦戦~消耗戦ならこの馬が面白そうでございますな。

 

メイショウテンゲンは「前走上り」からパス。

 

父がTサンデー系

良馬場のスローペースからミドルペースでは、

Tサンデー系を父に持つ場合、母父に米国型や

プリンスリーギフト系を持つ事が理想的。

 

今年該当するのは1頭だけ。

 

➂カリボール

父はハーツクライ産駒のジャスタウェイで、

母父がプリンスリーギフト系のサクラバクシンオー。

母母父には欧州型ノーザンダンサー系と、

良馬場馬スローの菊花賞に向いた、バランスの

取れた配合馬でございますな。

 

前走は古馬混合のハンデ戦で背負い頭でしたが

逃げ馬をキッチリと差し切っての快勝。

 

枠順も2枠は菊花賞の好走枠のひとつ。

 

この馬が拙者の爆穴候補でございまする。

 

キングマンボ×サンデー系

この配合も菊花賞の好走配合で、

この組み合わせは「逆もまた真なり」ですな。

 

脚質傾向と合致する該当馬は2頭。

 

⑥ディバインフォース

前走が2勝クラスで負けておるだけに、

少々狙いづらいところではありますなぁ・・・

 

⑨ヴァンケドミンゴ

父がトニービン持ちのルーラーシップで、距離延長は向きそう。

 

皐月賞2着馬のサンリヴァルは全兄。

 

母母父がプリンスリーギフト系で、

この血が非常に魅力的に映りますな。

 

前走は古馬準OP(3勝クラス)でコンマ1秒負け。

能力的には足りており、瞬発戦でも消耗戦でも

能力を出せるラップ適性幅の広さも魅力でございましょう。

 

その他の注目馬

②ニシノデイジーが面白そうですなぁ。

父はハービンジャーで欧州型ダンチヒ系。

母父はPサンデー系でスピード型サンデー系。

母母父は菊花賞馬セイウンスカイでございますな。

 

曾祖母はニシノフラワーで、

「速い母系のハービンジャー産駒」

と言う意味では、昨年4着のブラストワンピース

と同様で、延長ローテは向かぬかもしれませぬが、

セイウンスカイの血に少し期待したいところ。

 

最終的な結論は、レース当日昼頃公開予定の

EZ-WIN予想でお楽しみ下されませ(*_ _)

 

お知らせ

土曜重賞「G3富士ステークス」の

過去傾向分析につきましては、明日土曜日の正午までに

無料メルマガにご参加頂いた方への特典としまして

「富士ステークス分析シート」をお配りします。

 

また富士ステークスのEZ-WIN予想見解は

無料メルマガ参加者さま限定配信となります。

 

無料メルマガの登録は

↓↓↓

クリックして登録フォームへ進む

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!