G2セントウルS展望レポート

秋競馬のG2初戦は、サマースプリントシリーズ第6戦

G2セントウルステークス(阪神芝1200m・別定戦)

 

過去10年で1番人気が飛んだのは1度だけで、

1番人気の複勝率は90%と言う堅さでございますが、

馬券に絡んだ5番人気以下の馬は11頭と、ヒモ荒れは

楽しめそうなレースでございますな。

 

それでは過去のレース傾向と、

コースの好走傾向をもとに、血統や脚質・ラップから

今年の好走率の高い馬を探して参りましょう。

 

今年の出走馬と予想人気

 

 

血統傾向

サンデー系種牡馬産駒がメチャ弱なレースでございますな。

 

過去10年で馬券に絡んだ30頭中、サンデー系を父に持つ馬は

わずかに6頭で、他の重賞とは大きく異なる傾向を見せております。

 

コースの種牡馬別戦績は以下の通り

↓↓↓

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ロードカナロア 8- 2- 0-23/33 24.2% 30.3% 30.3% 137 51
キンシャサノキセキ 5- 3- 7-65/80 6.3% 10.0% 18.8% 27 64
キングヘイロー 4- 1- 0-22/27 14.8% 18.5% 18.5% 60 28
ショウナンカンプ 2- 3- 1-26/32 6.3% 15.6% 18.8% 93 64
ハーツクライ 1- 0- 0-24/25 4.0% 4.0% 4.0% 17 6
クロフネ 0- 6- 4-25/35 0.0% 17.1% 28.6% 0 160
ダンスインザダーク 0- 2- 1- 2/ 5 0.0% 40.0% 60.0% 0 172
Speightstown 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 180
サクラオリオン 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 190
オレハマッテルゼ 0- 0- 0-15/15 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
Scat Daddy 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2014. 3.16 ~ 2019. 6.23
出走馬のみのデータに限定

ロードカナロア産駒が8勝でトップ。

 

今年は・・・

・アンヴァル

・イベリス

・ファンタジスト

以上の3頭が登録しておりますが、

前走6着以下からの巻き返しは例がなく、

前走5着以内だった産駒が良く走りますな。

 

該当するのは前走3着のアンヴァルのみ。

 

その他、セントウルステークスの血統傾向として、

過去5年間に、5番人気以下で馬券に絡んだ5頭中

4頭がストームバードの血を持っておりました。

 

今年の該当馬は・・・

・アンヴァル

・イベリス

・タマモブリリアン

・ダイメイプリンセス

・ファンタジスト

・マテラスカイ

・ミスターメロディ

・モーニン

 

過去5年の好走傾向

セントウルS過去5年間の3着以内馬15頭について、

血統(配合)・過去最高補正タイム指数・過去2番目の

補正タイム指数と、その補正タイム指数をマークしたレースの

RP指数について分析し、一覧表にまとめました。

↓↓↓

過去5年の勝ち馬の共通点は・・・

・過去最高補正タイム指数が106以上(特に110以上)。

・指数1位又は2位を、RP指数48未満のレースでマーク。

 

4番人気以下で馬券に絡んだ7頭中6頭が、

父または母父に米国型血統を持っておりました。

 

今年の出走馬分析

勝ち馬候補

補正タイム指数110以上を

RP48未満でマークしているのは・・・

②マテラスカイ

⑤ラブカンプー

⑧ダイメイプリンセス

⑩モーニン

⑫ミスターメロディ

 

穴馬候補

父または母父に米国型血統を持っているのは・・・

②マテラスカイ

④イベリス

⑩モーニン

⑪アンヴァル

⑫ミスターメロディ

⑬タマモブリリアン

 

この6頭の中で、4番人気以下が予想されるのは・・・

②マテラスカイ

④イベリス

⑩モーニン

⑬タマモブリリアン

 

注目馬

④イベリス

半姉ベルカントは、15年・16年の

サマースプリントシリーズを連覇した快速馬。

 

G3アーリントンカップを勝ってしまった事で、

前走はマイルG1に使われましたが、1200mは

2戦2勝の距離で、阪神も500万クラスの1200m戦と、

G3アーリントンカップを勝っており、適性充分でございましょうな。

 

母系の特性を補完するタイプのロードカナロアが父なれば、

尚の事、今回の2F(400m)短縮はプラス材料となりましょう。

 

RP指数も、1200m戦では48未満のレースで勝っており、

ペースへの対応も問題ないものと考えまする。

 

芝初参戦の2頭について

今年は、ダート路線の実力馬

②マテラスカイ

⑩モーニン

この2頭が、初めての芝に挑戦して参りますな。

 

2頭とも、能力的には十分足りる存在で、

芝適性の有無が取捨のかなめと相成りましょう。

 

そこで、血統面からこの2頭を分析しておきまする。

 

②マテラスカイ

父スパイツタウンの産駒の獲得賞金シェアは

ダートが約6割で、芝は4割弱でございますが、

G1NHKマイルカップで2着したリエノテソーロ、

G3オーシャンS(芝1200m)の勝ち馬

モズスーパーフレアを輩出しておりますな。

 

 

スパイツタウン産駒 距離別戦績

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1200m 11- 4- 6-29/50 22.0% 30.0% 42.0% 131 115

集計期間:2010. 9.26 ~ 2019. 9. 1
限定条件:芝のみ

↑↑↑

血統馬券レシピに出来そうな優秀さでございますな。

 

 

母父ラーイはブラッシンググルーム系種牡馬で、

母系にもナスルーラ系をもつスピード志向の強い種牡馬。

 

同じブラッシンググルーム産駒で

母系にもナスルーラ系を持つ種牡馬の

クリスタルグリッターズは、母父として

芝1000mのレコードホルダーである

カルストンライトオを輩出しております。

 

一般的にブラッシンググルーム系の血は、

過酷なまでにタフな流れの「芝レース」での持続力を

補完する血でもあると考えられております。

 

マテラスカイ自身に、芝適性が有るかどうかは、

もちろん走って見なければ分かりませぬが、

脚抜きの良い雨馬場のダートに良績が集中しておるように、

スピード勝負が本領でございましょう。

 

馬券には必ず入れておくべきだ。

と、拙者は考えまする。

 

⑩モーニン

父ヘニーヒューズ産駒の獲得賞金シェアは

ダートが87%と、ほぼダート馬に出ますな。

 

ヘニーヒューズ 産駒 距離別集計

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1200m 4- 8- 9- 86/107 3.7% 11.2% 19.6%

集計期間:2017. 6. 4 ~ 2019. 9. 1
限定条件:芝のみ

 

また、2歳戦の間は、芝もそこそこに走りますが、

古馬になるとダート色がさらに濃くなるのが特徴でもあります。

 

母父デストーテッドユーモアは、

フォーティーナイナーの直仔で、

種牡馬アイルハヴアナザーの祖父でございますな。

 

産駒の獲得賞金シェアは、ダートが75%

 

両親の適性が、大きくダートに偏っており、

さらに申せば、既に7歳の「米国型×米国型」の配合馬。

 

年齢的に、ますますパワー寄りになって行くお年頃。

 

常識的に考えますれば・・・

モーニンは、ちと買いにくいところでございますなぁ・・・

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!