新馬戦注目馬

毎週沢山のアクセスを頂いとります

「新馬戦注目馬」

 

今週も爆弾馬券を夢見て分析を進めて参りますれば、

御用とお急ぎでない方は、しばしのお付き合いを(*_ _)

 

土曜日は新馬戦が4鞍組まれとります。

 

ここでは、阪神5R 芝1200mをとり上げまする。

 

阪神5R 芝1200m内回り

 

 

調教評価の*印は、調教で最後の1F(200m)が

最速タイムになる「加速ラップ」を踏めていた事を示します。

 

調教の加速ラップは、鞍上の指示に従うように

しつけが行き届いているか?という部分を判断する

材料として非常に重要なファクター。

 

その理由は・・・

調教で前半から行きたがって、

暴走するようなペースで走る馬は、

たとえ全体時計が速く、良血馬であっても

ゴールまで体力がもたないリスクが大きいタイプ。

というように考える事が出来るのでございますな。

 

なので、鞍上の指示により加速を始める。

という事が出来るのは、レースに行って

非常に重要な部分になるわけでございます。

 

メイショウホルスとオウサマプリン以外は

加速ラップを踏めており、調教は概ね合格と申せましょう。

 

注目は・・・

 

⑤リインフォース

配合評価の判定が不能な馬が多くおりますが、

明確に配合評価が高い血統であることに加え、

母が新馬3着、秋華賞・アメリカンオークス・

ヴィクトリアマイルと、3つのG1で2着の

アサヒライジング。

 

鞍上の和田殿は、当コース新馬戦は複勝率4割と

非常に心強いパートナーでもありますな。

 

②シゲルタイタン

近親にフラガラッハ・フェルメッツァがいる牝系で、

ファミリーの新馬戦は勝率3割、複率4割。

 

調教も、好ラップで加速ラップを踏み、

年長馬を相手に外を通って併入なら上等。

 

父がAPインディ系というダート血統でございますが、

最終週の芝での短距離戦なら。

 

⑧シゲルミズガメザ

配合評価は低いものの、父の評価はAランク。

牝系ファミリーの新馬戦複勝率が高く、

父の当コース複勝回収値も黒字回収。

 

④コキュートス

この馬の牝系ファミリーは、

新馬戦はピンかパーですな。

 

出れば2回に1回は勝つのであれば、

単勝オッズしだいでは面白いバクチになりそうですが、

単走オンリーで、調教時計と調教量も難点ではございますな。

 

①ピエナアメリカは、父はいいのですが、

牝系が新馬戦ではチョット残念な一族。

 

1番人気濃厚なリアルインパクト産駒

⑦ラウダシオンは、ノーザンファームの生産

ではなく社台白老の生産馬でございますな。

 

社台白老生産馬は、過去3年で当コースに

12頭の生産馬を送り込み、複勝率0%

 

ほとんどの馬が人気順位よりも

下の着順に敗れておりますな。

 

ノーザンファームの生産馬が不在のここは、

個人牧場生産馬に勝機があるかも知れませぬなぁ。

 

それでは楽しい競馬を(*_ _)

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!