G1レポート宝塚記念1

日本&世界の名産品をお取り寄せ&お土産に【JTBショッピング】

 

 

血統傾向

今週の日曜日は、上半期最後のG1レース

宝塚記念 芝2200m内回り

が阪神11Rで開催されまする。

 

2200mという非根幹距離で、

ゴール前の急坂を2度通過する消耗の激しいコース。

 

また、内回りコースという事も相まって、

東京で開催されるようなG1レースとは、

求められる能力の方向性が全く別物になるG1ですな。

 

梅雨時期の開催という事で、馬場も悪くなりやすく、

近3年は毎年稍重のタフな馬場で開催。

より一層「特殊な方向性の能力」が求められる

レースとなり、17年・18年は2年連続で、

国内G1未勝利馬が優勝しております。

 

また、血統傾向として顕著なのが、ディープ産駒

牝馬の複勝率5割に対して、牡馬のそれは1割と低迷。

 

今年の出走登録馬でディープ牝馬はおりませぬが、

牡馬は3頭が登録されとりますな。

・アルアイン

・マカヒキ

・ソウルインパクト

 

ステイゴールド産駒は、ゴールドシップの連覇、

オルフェーブル・ドリームジャーニー全兄弟の兄弟制覇、

伏兵ナカヤマフェスタの激走と、のべ14頭が出走し5頭が優勝。

 

母系は母父メジロマックイーンが4回優勝で、

ナカヤマフェスタの母父はリボー系。

どちらも「非主流血統」と呼ばれる牝系であります。

 

今年の出走登録馬では、3頭のステゴ産駒がおりますな。

・エタリオウ:母父ストームバード系(主流)

・ショウナンバッハ:母父プリンスリーギフト系(主流)

・スティッフィリオ:母父ブランフォード系(非主流)

 

スティッフィリオのお母さんはイギリスのスプリントG1馬。

牝系ファミリーは1400m・1800mの非根幹巧者で、

距離は2000mが上限のような戦績ですな。

 

美味しそうな匂いはしますが、ちょっと違うかも感も。

 

キングカメハメハ産駒も優秀で、

ラブリーデイ・ミッキーロケットは共にG1初制覇。

 

ドゥラメンテは現役最後のレースになるほど頑張るも、

非根幹女子マリアライト(ディープ産駒)に敗れ2着。

 

ルーラーシップは、オルフェーブルに敗れて2着。

 

今年はレイデオロが登録しておりますな。

母父にロベルト系を持つキンカメ産駒は初登場ですが、

非根幹距離重賞のG2オールカマーを勝っておりますれば、

良馬場であれば、有力な優勝候補でございましょう。

 

 

今年も週間天気予報では週末は雨予報。

コースに排水管(暗渠:あんきょ)が無い

阪神競馬場は、雨が降ると、かなり馬場が重くなり、

非常に独特の才能が求められるコースとなりまする。

 

次回のレポートでは、その辺りの「才能」を持つ馬を

血統傾向とラップ傾向の2つの視点から探し求め、

今年の穴馬候補をあぶり出して参りますれば、

どうぞお見逃しなきよう、またのお越しを(*_ _)

 

なお、次回レポートは水曜夜に掲載予定でございます。

 

それでは今週も宜しくお付き合いを(*_ _)

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!