日本ダービー予想最終結論

 

過去のダービーで馬券になっているのは、

後半の1F毎のラップタイム間の「加速秒数と減速秒数の合計」が

「加速秒数の方が大きいラップパターン」で連対していた馬。

 

今年の皐月賞は、前半1000m通過タイムが

59秒1で、後半のラップタイムの推移は・・・

加速0.4秒→減速0.1秒→加速0.5秒

→加速0.1秒→加速0.2秒

というラップパターンで、後半の加速・減速を

トータルすると1.1秒の加速ラップを踏んでおります。

 

前半1000mが1分を切っているのに、

後半も減速箇所が1か所しかなく、それも僅かな減速。

そして、1秒以上の加速ラップ。

 

これは、非常にレアなパターンで、異常なレベルの高さ。

 

4着以降の馬が完全に置いてけぼりになるのも、

至極当然の結果であったと申せましょう。

 

これを考えると、今年のダービーは2016年の再現。

という可能性が非常に高く、皐月賞上位3頭のBOX馬券で

獲れてしまいそうな気がいたしますな。

 

ただ、2016年は上位3頭が全てディープインパクト産駒。

 

今年は、ロードカナロア産駒・ディープ産駒・ジャスタウェイ産駒

とバラエティに富んでいる分、血統の力で別路線組の台頭を

僅かながらも期待出来るかも知れませぬ。

 

今回のEZ・WINには、新たに「ラップ指数」

と言うものを増設しております。

 

指数ではありますが、数値が小さいほど

「レベルの高いレースで馬券になっている」

という意味のものであります。

 

EZ・WIN

⑭⑮の2頭のラップ指数は稍重馬場でのもので、

力が必要な馬場で有る分、当然後半は減速が大きくなりがちです。

ですので、要注意の意味で背景色を施しております。

 

ダービーの血統傾向は、同年のオークスと

リンクするケースも良くございますな。

 

今年のオークス1着・2着は

ディープ×ストームバード系

という配合馬で、2着馬は12番人気の爆穴。

 

昨日もマイル戦は1分33秒を切っており

今週も先週同様の高速馬場でございますれば、

ディープとスピード持続型血統の配合馬には

注意が必要でございましょう。

 

該当馬はダノンキングリーとロジャーバローズ。

 

サートゥルナーリアの父ロードカナロアも

スプリント帝王で、アーモンドアイもJCを

世界レコードで優勝しておりますように、

高速馬場もドンと来いでございましょう。

 

あとは、接着装蹄が気になるものの、好調教で、

総合評価・ラップ指数が共に上位のクラージュゲリエ。

両親にダービー馬を持つダビダビ配合馬でもあります。

一発に期待しましょう。

 

サートゥルナーリアの不安材料は、

騎手だけでございましょうか。

レーン殿はスプリント大国の豪州産。

 

普段の倍の距離を走るレースに経験値は低く、

オークスでも3番人気のコントラチェックを

ペースオーバーの競馬で圏外に飛ばしております。

 

テン乗り(初騎乗)で勝てないジンクスがあるダービー。

 

戸崎殿にダービージョッキーの称号をつかむ

チャンスが巡って来たのではございますまいか。

 

拙者の予想印は

◎ダノンキングリー

○サートゥルナーリア

▲クラージュゲリエ

★ロジャーバローズ

△リオンリオン

△ランフォザローゼス

×ヴェロックス

×マイネルサーパス

 

以上でございます。

 

それでは皆様、良いダービーを!

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!