G1レポート優駿牝馬2

先週のヴィクトリアマイルを世界レコードで制した

ノームコアが、剥離骨折を発症しておりました。

 

休養期間は未定だそうでございますが、

強い馬が戦線を離脱するのはやはり淋しいもの。

 

大事に至らず本当に良かったと感じておりまする。

 

高速馬場で、スーパーレコードが飛び出せば、

競馬は盛り上がるのでございましょうが・・・

 

2010年のNHKマイルカップを日本レコードで

制したダノンシャンティもその後に故障が発覚した事も

いまだ記憶に新しく、「JRAはん、ちょっとやりすぎでっせ」

と、思わずモノ申したくなるのは拙者だけでござろうか。

 

一度作った堅い路盤の高速馬場を、

開催期間中に修正を加える事は難しいでしょうが、

出来る事なら「まずは馬ありき」の造園をお願いしたいものです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、本題に。

 

前回のレポートでは、オークスの好走傾向として

近走の脚質を中心に取り上げて参りましたが、

本日は血統傾向について取り上げて参りまする。

 

と、その前に・・・

オークスの枠順が発表されましたので、先にそちらから。

 

オークス枠順


出馬表はnetkeiba.comさまより拝借(*_ _)

逃げ馬ジョディーとコントラチェックの2頭が内枠。

 

1番人気予想のコントラチェックは藤沢厩舎の

秘蔵っ子中の秘蔵っ子で、もちろん厩舎一番の期待馬。

 

グランアレグリアは、距離適性の問題もさることながら、

コントラチェックとの使い分けでNHKマイルカップへ

回された経緯があり、藤沢師は「うちにはグランアレグリアより

強いのが1頭居るからね( ̄ー ̄)b」とうそぶいておられましたな。

 

半姉には、オークス3着馬バウンスシャッセ(父ゼンノロブロイ)

がおり、半兄に京王杯SC勝ち馬のムーンクエイク(父アドマイヤムーン)

また、海外の半兄は英国2000ギニー(芝1600直線)3着馬。

 

G1に出走してくる馬としては、

G1連対馬がいない牝系で、スケールはやや小さめ。

 

血統は、父ディープインパクト×母父欧州エタン系。

 

母父の父ダイイシスは早熟系の短距離馬で、

日本の産駒にはスギノハヤカゼ(1200-1600重賞で活躍)

 

母母父は、サドラーズウエルズと全兄弟のフェアリーキングで

ほぼ欧州型サドラーズ系という事でよろしかろうと存じます。

 

これは、後で書きますがオークスの好走血統傾向に

一応該当いたしとりますが・・・

 

拙者の「人気馬をむやみに消したがる悪癖」

が非常にうずく1番人気でございまする。

 

まず最大の不安材料は、

多頭数未経験で、強い馬とやり合っていない点。

 

確かに前走の勝ち方は強かったものの、

指数的には桜花賞の方がハイレベル。

 

さらに前走で逃げていた馬で馬券になったのは

過去10年では2010年のアグネスワルツの3着が

1度有るだけで、その他は全て消えておりまする。

 

鞍上がレーン殿でなければ、バッサリ行きたいところ。

 

オークス好走馬血統傾向

まず最初に触れておきたいのは、

「ノーザンダンサー系の血」の重要性について。

 

東京2400mのG1という事で、

イメージ的には「ディープ×ストームキャット系」

という配合が良さげな気がいたしますが、

この配合でオークスで馬券になった馬はおらず、

「ディープ×ヴァイスリージェント系」という配合も

他のレース程相性が良いわけではございませぬな。

 

しかしながら、ノーザンダンサー系の血を

4L系統に持たない馬の馬券絡みは非常に少なく、

必須の血と言っても過言ではございませぬ。

 

つまり、米国型ノーザンダンサー系よりも

その他のノーザンダンサー系の血が非常に重要で、

特にダンチヒ系・サドラーズ系・ヌレイエフ系

この3系統の血が馬券のキモとなりまする。

 

ちなみに・・・

サドラーズウエルズとヌレイエフは3/4同血の

種牡馬でほぼ同系統と申せましょう。

 

また、2014年の2着馬ハープスターは、

サドラーズウエルズの全弟フェアリーキングの血

を持っておりました。

 

オークスにおいて、さらに威力を発揮するのが

ダンチヒ系のデインヒルの血でございましょう。

 

馬券には届かなかったものの、超人気薄で

4着まで頑張った例も少なくない血のスパイス。

 

今年の該当馬

デインヒルの血を持つ馬
  • シャドウディーヴァ(前走G2フローラ2着)
  • フィリアプーラ(前走桜花賞15着)

 

シャドウディーヴァは、馬体構造がステイヤータイプ。

前走2000mから400m延長というローテ自体が

桜花賞組の800m延長よりも馬にとっては「楽」で、

牝系ファミリーは延長を苦にしない一族。

 

前走は馬1頭分も無いようなスペースを

内ラチに馬体をこすりながらも無理矢理こじ開け

鋭く伸びての僅差2着。

 

非常に強い内容での2着で、多頭数のG1では

こういう芸当が出来るハートは強力な武器となりましょう。

 

今回は4枠7番で、前走の1枠ほどではないものの

真中よりもやや内目の枠。となれば内を捌ける岩田殿が

引き続き手綱を取るのも心強いところでございましょう。

 

ただ、桜花賞と比べると、

フローラSのレースレベルは平凡。

 

血の恵みに加えて、もう一つ何かが味方すれば

ウィクトーリアを逆転し、圏内も見えて参りましょう。

 

 

フィリアプーラの祖母は、サクラバクシンオーの全妹。

さらに牝系をさかのぼれば、長距離G1活躍馬の

アンバーシャダイ・イブキマイカグラ等の居る牝系。

 

しかし、祖母ラトラヴィアータを経由した一族は

マイル以下に良績が集中しており、フィリアプーラ

だけが突然変異。とは非常に考えにくい前走の負けっぷり。

800mもの延長が合うとは少々考えづらいところ。

 

余裕が有れば3列目に。と言ったところでございましょうか。

 

 

「前走+脚質+血」該当一覧

⑭フェアリーポルカのヌレイエフ欄「」は、

ヌレイエフを3×5のクロスで保持しているため

このような形をとりました。

 

シゲルピンクダイヤは、ダイワメジャー産駒という事で

距離を不安視されておるようですが、血統要件をWでクリア。

牝系ファミリーも、延長ローテを苦にせず、短縮よりも好成績。

 

母父のハイシャパラルは、

英国・アイルランドの両ダービー馬で、

BCターフを連覇。凱旋門賞も3着しており、

芝2400m戦のエキスパート。

 

馬体構造からは、マイルが本領のように見受けられるものの

この時期の牝馬は、絶対的な能力で距離を克服するケースが多く、

距離そのものをあまり気にせずとも良さそうに思いますな。

 

不安材料はゲートに難が有る点で、あまりにも

ポジションが後ろ過ぎると、レコード決着になるような

馬場と展開になった場合には、どれだけの豪脚を使えても

物理的に届かない。と言う可能性はございましょう。

 

オークスの最終結論は、レース当日の

EZ・WIN予想にてブログ内公開しますれば、

ぜひ、ご近所・ご友人お誘いあわせの上

お立ち寄り下さいませ(*_ _)

 

以上、G1レポート優駿牝馬でございました。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!