皐月賞 EZ・WIN予想

いよいよ平成最後の牡馬クラシック皐月賞。

何としても的中させたい渾身の1鞍でございます。

 

総合評価分析シートEZ・WINが導き出した

評価1位馬は①アドマイヤマーズ

 

距離適性が不明ながらも、母父マキャベリアン系

母母父シングスピールと言う点を考えれば、

降雨が無ければ問題なしとみておりまする。

 

今年の出走全馬の適性を、牝系ファミリーも含め

1頭ずつ分析致しましたので、皐月賞予想のご参考に

お役立て頂ければ誠にもって光栄の至り(*_ _)☆

 

EZ・WIN

EZ・WIN取説は⇒ココをクリック

EZWIN取説補足

1.赤文字表記の馬番は、過去5年間に当コースで開催された

フルゲート(18頭立て)の重賞レースの馬番傾向から有利と判断できる馬番。

黄背景になっているのは、1着率が高い馬番となります。

2.予想人気欄にピンクの背景色が有る馬は、単勝に大量異常投票があった馬です。

3.調教評価S欄に*印が有る馬は、坂路で刻んだラップタイムが

最後の4F目が最速タイムになる「加速ラップ」を踏めていた馬で、

⊛印はコース追い切りでラップパターンが優秀だった馬となります。

4.血統複率欄に「デ」の表記があるのはディープ系。

その横に「on」の表示があるのは「母父が欧州型ノーザンダンサー系」で、

「ディープ系×欧州ノーザンダンサー系」という配合は、

当コースの王道配合。

*印が付いているのは、上記以外の好走傾向が強い血統となります。

5.「牝系前距離」とは、牝系ファミリーの距離ローテ適性です。

 

評価2位のサートゥルナーリアの単勝に、

1000万円単位の大量投票が2度も

ぶち込まれておりますな・・・

 

在るとこには在るんですなぁ(´-ω-`)

 

そのサートゥルナーリアの唯一の弱点が

「同距離ローテ」でパフォーマンスダウンする

牝系ファミリー出身であるという点でございます。

 

レース傾向としても、

2014年の路盤改修工事後の皐月賞は

前走2000mだった優勝馬が出ておらず、

不安材料とも考える事も可能でございましょう。

 

3位評価のファンタジストは、

有利枠3番を引き当て期待が膨らみますな。

 

中山適性がそう高くはない牝系ではありますが、

休み明けの前走でも2着しており、割り引く

必要はございませんでしょう。

 

4位評価のダノンキングリーは、

良馬場ならば有力候補でございますが、

馬場が渋ると走らない一族の出身。

 

取捨は天候と馬場次第と言ったところでございましょう。

 

5位評価のシュヴァルツリーゼは、

血統的に良馬場のスピード勝負では厳しいかも知れませぬが、

早めに雨が降るようならばチャンスは大きいでしょう。

 

⑦ヴェロックスは、牝系の距離ローテと

スケール不足がネックでございましょう。

現在4番人気は過剰のような気が致しますなぁ。

 

⑪ラストドラフトは適性が高く

押さえるべきかと存じまする。

 

穴なら

⑰アドマイヤジャスタ

⑬ブレイキングドーン

あとは⑧ニシノデイジーの巻き返しに警戒。

 

参考買目

馬券は馬単・3連単を

フォーメーションで買う予定でございます。

馬単

1着 ①③④

2着 ①③④⑫

 

3連単

1着 ①③④

2着 ①③④⑦⑧⑩⑪⑬⑰

3着 ⑫

 

以上、皐月賞の予想でございました。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極みと存じまする(*_ _)かたじけない

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!