先週の重賞回顧

先週の重賞レースを振り返り、外したレースは反省を。

当たったレースは次回以降の再現性を高めるため。

どちらも今後の予想の「引き出し」として身に付けるべく、

検証を進めて参ります。

 

G2チューリップ賞

EZWIN G2チューリップ賞2019

 

EZ☆WINの1位評価

ダノンファンタジーは直線で前が壁になり

追出しを待たされましたが、進路を確保してからは

さすがの伸び脚でございました。強いですなぁ。

 

高く評価していたシゲルピンクダイヤ

末脚の切れには、拙者自身が驚きました。

 

ノーマークだったドナウデルタの好走には

ゴールした後までドキドキしましたが、

7番人気の低評価を覆すノーブルスコアの末脚に救われました。

 

そのノーブルスコアは、3着入線で

桜への切符を手に入れましたが、G1では

牝系のスケール不足で恐らく消えましょう。

 

期待をかけたG1馬の半妹

ブランノワールは、好位手追走から

直線に向くと既に手応え怪しく、見せ場なく

馬群に飲み込まれましたなぁ・・・

 

同距離ローテに弱い牝系である事と、

時計の掛かる稍重馬場に強い牝系出身で

ございますれば、「距離短縮+稍重」

と言うような条件が整ったレースに

出走してくるようであれば楽しみでございます。

 

また、ダートに適性の有る牝系でもありますので、

ダート替わりという機会がもしあれば、、

注目したい1頭でございますな。

 

消えたシェーングランツは、両親共々

血統からは阪神1600mはベストな舞台。

 

それがこの状態という事は・・・

もしかすると「超早熟」の可能性も。

 

牝系ファミリーに、3歳の夏以降に

勝った馬が1頭も居ない一族で、半姉の

ソウルスターリングもG3で3着がやっとこさ。

 

父がディープと言うことで、

早熟に拍車がかかった可能性も否定できますまい。

 

今後、重賞に出てきた場合の取捨は

慎重を要する1頭でございましょう。

 

 

G3オーシャンステークス

メルマガ限定配信指定レースでございましたが(*_ _)

配信したPDFは⇒ココをクリック

 

1番人気のモズスーパーフレアを消し

見事に楽勝されてしまいました(*_ _)

 

結果は2着から5着まで◎○▲×の順で入線・・・

悔しさを通りこして笑うしかない結果でございました。

 

レースは2F目のラップタイムが10秒1という

ハイペースで、それ以降は加速箇所が全くない

純然たる消耗戦ラップで展開。

 

モズスーパーフレアは、後続をやや離しての

完全な一人旅で、4コーナーでも被せられることなく

ノープレッシャーの競馬が出来とりました。

 

これはルメール殿の好プレーであるとともに、

2番手追走のナックビーナスの仕掛け遅れも

重なった結果でございましょう。

 

拙者の判断ミスは、ショウナンアンセム

イエローマリンバも先行争いに加わると考え、

先行争いが熾烈なものになると見立てた事でございます。

 

冷静に考えれば、ショウナンアンセムが逃げられるのは

マイル戦でのことで、ハイペースの1200m戦では

前をつつきに行けるテンのスピードは持ち合わせていない。

という事と、イエローマリンバの逃げは前半3Fが

34秒台というミドルペースが中心で、重賞の

スプリント戦で先手争いが出来る脚はないことに

気付いていなかった事でございます。

 

血統を読んでも、展開を読み違えれば

消した人気馬に返り討ちにされるという

「悪い見本」でございました(*_ _)

 

それでも救いは

「ナックとダイメイフジの2頭軸で獲れました」

「ダイメイフジの複勝で勝負しました」

と言うような有難い慰めのメールを沢山

頂戴出来た事でございます。<(_ _)>有難き幸せ

 

無料メルマガの登録は

↓↓↓

 

G2弥生賞

PDF版EZ☆WIN⇒ココをクリック

 

ノーマークにしたメイショウテンゲン

やられた上に、EZ☆WINの評価1位・2位が

揃って撃沈・・・

 

もはや申し開きの言葉もございませぬ(*_ _)

 

若駒重賞では牝系ファミリーの傾向を主軸にする

予想スタイルの限界を露呈した形となりました。

 

今思えば、メイショウテンゲンは、

このレースの好走傾向である

・ディープ産駒

・距離延長ローテ

この2つに該当しており、しかも・・・

メイショウベルーガは延長ローテが

得意でございましたなぁ・・・(*_ _)

 

しかしながら、

軸馬に飛ばれては、たとえメイショウテンゲン

印を回しておっても、馬券は外れ。

 

拙者の完敗でございまする<(_ _)>

 

結果的には外を通った差し馬が馬券圏内独占。

雨が降り続くと、馬場は内から先に悪化しますれば、

カントルは力負けでは無く、馬場不利の結果でございましょう。

 

また、弥生賞はスローペースになる事が多く、

それゆえにペースが流れる本番「皐月賞」に

直結しにくいトライアルでございますが、

ミドルペースで流れた今年は、上位に好走した馬から

本番の好走馬が出て来る可能性が高まりましょう。

 

もし、カントルが運よく本番の「皐月」に出走が叶えば、

同距離ローテに滅法強い一族でございますれば、

人気も手ごろになりそうで、面白い存在と申せましょう。

 

いつもブログランキングに

助太刀を頂き誠に有難き幸せ<(_ _)>

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も良しなにお願い申し上げまする(*_ _)

↓↓↓

人気ブログランキングに投票する

 

 

先週の勝負レース結果

先週の勝負レース配信結果は

3戦0的中(>_<)

 

配信内容はクリックで見られます。

↓↓↓

2019.3.2勝負レース中山9R

2019.3.3日曜 勝負レース 阪神9R

2019.3.3日曜 勝負レース 阪神12R 1000万 ダ1800

 

勝負レース配信のご案内は

↓↓↓

血統馬券勝負レース配信のご案内

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!