ホープフルS 傾向と注目馬

 

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)どうかひとつ

↓↓↓ クリックを(*_ _)賜りたし


血統理論ランキング

 

 

 

 

今週はG1が2鞍開催されます。

 

本日は土曜中山の2歳戦

「G1ホープフルステークス(芝2000m内)」

 

このレースの過去5年を分析し、

今年の好走馬を探して参りまする。

 

御用とお急ぎでない方は

しばしのお付き合いを(*_ _)

 

 

 

単発バイトアプリ「シェアフル」

 

 

日本&世界の名産品をお取り寄せ&お土産に【JTBショッピング】

 

 

 

G1ホープフルS 傾向分析

 

ホープフルステークスがG1に昇格して

今年が4年目でございますな。

 

G2時代とG1昇格後で、

大きな傾向の差は見受けられませぬゆえ、

ここでは過去5年のホープフルSについて

分析を進めて参りまする。

 

 

荒れる年と、上位人気決着になる年の明確な違いは何か?

・・・

 

それは・・・

 

「レースのラップタイム」

にあるようですな。

 

上の表をご覧頂ければお分かりかと存じますが、

前半3Fタイムよりも後半3Fタイムが遅い年は荒れる。

 

という事のようでございます。

 

前半よりも後半が速い時計になるのは

いわゆる「瞬発力比べ」のレース質。

 

その逆で、後半の時計が掛かるレースは

いわゆる「消耗戦ラップ」とよばれるレースで

こちらは「持久力比べ」というレース質ですな。

 

瞬発力比べに強いのが、

ノーザンファームが得意な「ダービー馬創り」の

ノウハウにより生み出された「主流血統」で、

持久力比べに強いのは、ダービーには縁の薄い

「非主流血統」とよばれる配合の馬になりまする。

 

要するに、人気になるのは主流血統馬で、

その人気馬が力を出せないようなレースで

非主流血統馬が穴をあける。と言う構図。

 

これは何もホープフルSに限った事ではなく、

ダービー馬が宝塚記念を勝てないのも

これと全く同じ理屈でございますな。

 

しかしながら・・・

今年のホープフルSが、どちらのレース質になるか?

 

こればかりはゲートが開くまで誰にも分かりませぬ(-_-;)

 

ただ、馬場の状態を考えますれば、

上り時計の掛かりやすい馬場状態で、

今年は多頭数開催となりそうな事からも、

前半の流れが落ち着いたものになりにくい。

 

つまりは、消耗戦になる可能性が高い。

 

という事は申し上げても差し支え無き事かと。

 

よって今年のホープフルSは、

「波乱前提」

で取り組むことが、馬券を楽しむ上でも

正しき姿勢かと存じまする。

 

 

そこで、持久戦になった年の好走馬を分析して参ります。

 

 

消耗戦となった2016年と2017年に

8人気で馬券に絡んだ2頭は共にステイゴールド産駒。

 

ステイゴールドの血は、洋芝適性が高く、

時計の掛かる馬場に非常に強い血統でございますな。

 

人気を無視して血統傾向を見て参りますれば、

サンデー系種牡馬のタイプは欧州指向の強い

種牡馬であるハーツクライ、ステイゴールド

スペシャルウイーク。

 

他ではロベルト系を持つ馬。

キングマンボ系あるいは欧州型ミスプロ系。

 

あとは、欧州の持久力血統の代表格

サドラーズウエルズ系と言った所でございましょうか。

 

要するに血統構成の大半を

「欧州の血」が占めているような配合。

これがモアベターであると申せましょう。

 

 

それともう1点。

G1昇格後に馬券になった9頭は、

いずれも牝系ファミリーにG1実績馬が

いる牝系出身の馬であったという事。

 

つまり、一流馬が出ていない牝系出身馬は

馬券になっておらず、牝系の格も大事なレース。

と申せましょう。

 

 

血統傾向に合致している馬で、

近親にG1実績馬が居る馬。

 

と言う条件で絞り込んで参りますと・・・

 

まず浮かんでくるのは危険な人気馬。

 

持久力血統が薄く、牝系のG1実績も

母の2着と言うもので勝ち馬が出ておりませぬな。

 

馬名はこちらに書いております。

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

 

 

 

ホープフルS 今年の注目穴馬

 

 

まずは上位人気で切れない馬を・・・

 

・オーソクレース

 

ロベルト系種牡馬エピファネイア産駒。

母父ディープインパクト

祖母の父キングマンボ系エルコンドルパサー。

曾祖母の父にネヴァーベンド系。

 

馬場を問わずに能力を発揮できる血の凝縮で、

母マリアライトは宝塚記念でドゥラメンテを

破った女傑でございますな。

 

近親にはクリソベリル・クリソライト兄弟

 

牝系の格も十分で、持久力も瞬発力も

どちらも抜けていそうな血統構成。

 

どんなレースになっても

崩れないのはこういうタイプでございましょう。

 

 

注目穴馬

 

・アオイショー

 

キングマンボ系種牡馬ロードカナロア産駒

 

母父シンボリクリスエス(ロベルト系)

 

祖母の父ダンスインザダーク(ニジンスキー持ち)

 

曾祖母フラワーパークはスプリントG1を2勝。

叔父に安田記念2着のヴァンセンヌ。

 

 

・マカオンドール

 

ステイゴールド系種牡馬ゴールドシップ産駒。

 

ゴールドシップは消耗戦ラップを得意としていた馬。

 

前半3Fが35秒8。

後半3Fが38秒4。

究極の消耗戦ラップとなった皐月賞を

4人気ながら2着馬ワールドエースに

0秒4差を付けて完勝致しました。

 

マカオンドールもその特性を引き継いでいるならば、

いまだその本来の能力を開花させる場面はなく、

ここで初めて本当の姿を見せる可能性は十分。

 

未勝利戦を2歳レコードで勝ち上がったように

スピード能力は高く、相手強化でも適性を武器に

逆転まで有るのではと妄想中でございまする。

 

 

 

ホープフルステークスの最終結論

 

ホープフルSの最終予想は、レース当日の

13時頃に無料メルマガにて「EZ-WIN予想」を

無料配信させて頂きまする。

 

先週はターコイズSで3連複万馬券的中。

 

先々週はG3中日新聞杯EZ-WIN予想で

◎シゲルピンクダイヤ(9人気)が

2着に激走し、馬連4点買いで5200円的中。

 

○→◎→▲の決着で3連複も的中。

 

 

当日のEZ-WIN予想配信をご希望の方で、

現在無料メルマガにご登録の無い方は、

遠慮なく下記の登録ボタンからアドレスの

ご登録をどうぞ(*_ _)

 

無料メルマガの新規ご登録は・・・

↓↓↓

 

ただいま無料メルマガにご登録頂いた方には、

エピファネイア産駒の「儲かる買い条件」

をとりまとめた

【エピファネイア血統馬券レシピ】

を差し上げております。

 

「エピファネイア産駒血統馬券レシピ」は、

メルマガ登録御礼メールに添付ファイルで

お付けしておりますので、

ご登録後すぐにご覧頂けます

 

また、無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールに記載の「解除フォーム」

から1クリックで一発解除が可能でございまする。

 

お試し頂いてお口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も大いに結構でございますれば

お気軽にお試しをどうぞ。

↓↓↓

 

 

 

 

# ホープフルステークス

# ホープフル 血統

# ホープフル 展開

# ホープフル 予想

# ホープフル EZ-WIN予想

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!