来年の牝馬クラシック候補登場

 

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)どうかひとつ

↓↓↓ クリックを(*_ _)賜りたし


血統理論ランキング

 

 

 

 

土曜阪神9Rエリカ賞に、

「来年のクラシック候補最有力牝馬」が出走します。

 

その馬について、ここでご紹介しておきまする。

 

 

日本&世界の名産品をお取り寄せ&お土産に【JTBショッピング】

 

 

 

土曜阪神9R エリカ賞

 

 

 

画像から分かる事は・・・

右前がハンパなく伸びております。

 

武豊殿が初めてディープインパクトの調教に跨った時に感じた事。

 

それは「乗り手からから前脚が見える!?」

 

だったそうでございますな。

 

 

それだけ四肢が柔らかくしなやかで、

それは、次元の違う「直線のトップスピード」を

生み出すために必要不可欠な要素でございまする。

 

 

一般的に新馬戦のラスト1Fのラップが

「11秒5」を切る事は少なく、

そこで上り最速で勝ったような馬は、

そのほとんどが春の3歳クラシックで活躍致します。

 

 

ヴェルトハイムの新馬戦(阪神芝2000m内)の

ラスト3Fのラップタイムは・・・

11秒8-11秒0-11秒2

 

スローペースとは言え、ゴール前に急坂のある阪神で

ラスト2F目で11秒0を刻んでいて、そこから

ラスト1Fで0秒2しか減速しなかったのは大変な事。

 

ラップ的に見れば、これ以上の現2歳牝馬は存在せず、

文句なくクラシック候補の最有力馬でございまする。

 

血統は、アーモンドアイと同じロードカナロア産駒。

 

母父はドイツのダービー血統モンズンの血で、

ドイツダービー血統は「長い直線でタメて切れる」

と言うのが特徴でございます。

 

つまり、本来は外回りコースや直線の長いコースに向く牝系で、

それを内回りコースで前述のラップを刻んで上り最速勝ち。

 

外回りの桜花賞、直線の長いオークス。

 

このどちらかは、この馬が勝つのだと妄想しておりまする。

 

 

さて、エリカ賞でございますが・・・

 

これだけの馬が、1番人気になりそうもなく。

 

恐らくは、ディープ産駒の

ディープモンスターが1番人気。

 

単勝が3倍以上つくようならば

単勝をガッツリ買いたいと考えております。

 

 

無料メルマガの新規ご登録は・・・

↓↓↓

無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールに記載の「解除フォーム」

から1クリックで一発解除が可能でございまする。

 

お試し頂いてお口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も大いに結構でございますれば

お気軽にお試しをどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!