アルゼンチン共和国杯 注目馬

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)どうかひとつ

↓↓↓ クリックを(*_ _)賜りたし


血統理論ランキング

お土産・お取寄せならJTBショッピング

日本&世界の名産品をお取り寄せ&お土産に【JTBショッピング】

G2アルゼンチン共和国杯 注目馬

今週の日曜東京の重賞は、古馬の長距離重賞

「G2アルゼンチン共和国杯(芝2500m)」

実はこのレースには「穴馬の選定」に

分かりやすいパターンが存在致しまする。

ここでは惜しげもなく(ゲサ)

そのパターンと該当馬を明かして参りまする。

穴馬パターン

アルゼンチン共和国杯の穴馬パターンは、

同じコースで行われる「G2目黒記念」と

密接な関係がございまする。

同じコースの重賞ながら、

レースの流れに全く違う傾向が有り、

目黒記念=持久力勝負

アルゼンチン=瞬発力勝負

こういう違いがあるのでございますな。

その為、目黒記念が得意な持久力に富むタイプは

直線のトップスピードを競う「アルゼンチン」で凡走。

逆もまた真なり。で目黒記念で凡走した馬が

アルゼンチンで巻き返すと言うパターン。

要するに、目黒記念で惨敗したような馬が狙い目となりますな。

無論、ただただ弱い為に惨敗した馬はアウトですが・・・

瞬発戦ラップに良績が集中している馬で、

2200m以上の「非根幹距離」を得意とする馬。

これがターゲットになりまする。

今年の該当馬

・タイセイトレイル

軽い馬場の瞬発戦が本領。

距離延長が最も好成績で複勝率は62.5%

2200・2500・2600と言った非根幹距離に実績が集中しており、

従兄弟のムイトオブリガードはアルゼンチン共和国杯で

2着(4歳)、1着(5歳)。

タイセイトレイルは、根幹距離に弱く、

非根幹距離でスローペースになれば

ほとんど崩れずに走っておりますな。

従兄弟のムイトオブリガードと同じく

本馬も4歳で2着。5歳の今年は・・・

・※※※※※※※※(馬名は人気ブログランキングに掲載)

↓↓↓ クリック!


競馬・血統理論ランキング

本馬の最高パフォーマンスは2200mの瞬発戦。

距離延長を苦にしないタイプでもございますな。

牝系は、ディーマジェスティをはじめ、

タワーオブロンドン、エリ女3着のエルノヴァなど

G1活躍馬を輩出している優秀な牝系。

ここは一発の可能性を秘めた1頭でございまする。

# アルゼンチン共和国杯

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!