重賞レポート 目黒記念

 

 

いつもブログランキングの

ランキングアップに

助太刀のクリックを賜り誠に

もって有難き幸せ(*_ _)

 

お陰様にて現在のところ

中央競馬ランキング15位前後

血統理論ランキング 1位

にランキングされております。

 

はなはだご面倒ではございま

しょうが、本日もブログラン

キングに助太刀を一太刀(*_ _)

↓↓↓ 助太刀クリック


人気ブログランキング
競馬・血統理論ランキング

 

 

ダービーの余韻が生々しい東京の最終レースで開催される

 

古馬のハンデ重賞
G2目黒記念(芝2500m)

 

ダービー的中の余勢を駆って「倍プッシュ」あるいはダービーの無念を

 

ここで取り戻す「負債消し勝負」・・・今年も前者でありたいものですな。

 

 

上位人気が堅実に馬券に絡むダービーとは逆に、毎年8人気以下の

 

人気薄が馬券に絡む波乱傾向の強いレースでござれば、

 

上手くハメれば「濡れ手に粟」の大儲けが狙えるレース。

 

それでは早速、目黒記念の狙い目になる穴馬の選び方について、分析を始めさせて頂きまする。

 

 

 

重賞レポート G2目黒記念

 

 

東京芝2500mという非根幹距離重賞は開催数が少なく

 

春の目黒記念と秋のアルゼンチン共和国杯の2鞍のみ。

 

その為に、この距離に適性の有る馬は、春・秋両方に出走するケースも多いのですが、そこが波乱のひとつの原因となっておるのですな。

 

春と秋の最大の差は、レースのペースでございます。

 

↓↓↓

【目黒記念 RP指数57以上】

RP指数 総数 データ数
57以上 12 8.1%

集計期間:2010. 5.30 ~ 2019. 5.26

 

【アルゼンチン共和国杯 RP指数57以上】

RP指数 総数 データ数
57以上 58 36.0%

集計期間:2010.11. 7 ~ 2019.11. 3

 

「RP指数57以上」と言うのは、一般的に言うところの

 

「スローペースから上りの切れ味勝負となる展開」でございます。

 

RP指数の詳しい説明は

↓↓↓

ここをクリック

 

つまり目黒記念は、アルゼンチン共和国杯に比べて流れが早く、

 

持久力比べの展開になりやすいレースと申せましょう。

 

その為、血統傾向にも大きな違いが出て参りますな。

 

 

 

 

 

目黒とアルゼンチンの血統相違点

 

【目黒記念】

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 1- 2- 3-12/18 5.6% 16.7% 33.3% 24 126

集計期間:2010. 5.30 ~ 2019. 5.26

 

【アルゼンチン共和国杯】

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 0- 1- 0-10/11 0.0% 9.1% 9.1% 0 30

集計期間:2010.11. 7 ~ 2019.11. 3

 

ご覧の通り、ディープインパクト産駒はアルゼンチンは苦手で、

 

目黒記念が得意という、同じコースでも明確な傾向がございます。

 

 

では、これを馬券にどのように活用すればよいのか?

 

さよう。

昨年秋のアルゼンチン共和国杯で大きく負けて、目黒記念に出て来る

 

人気を落としたディープ産駒を狙い撃つのでございますな。

 

 

そして、ディープとは真逆の適性を見せておるのが「ハーツクライ」

 

↓↓↓

【アルゼンチン共和国杯】

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ハーツクライ 3- 2- 0-11/16 18.8% 31.3% 31.3%

集計期間:2010.11. 7 ~ 2019.11. 3

 

【目黒記念】

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ハーツクライ 1- 1- 0-12/14 7.1% 14.3% 14.3%

集計期間:2010. 5.30 ~ 2019. 5.26

ハーツクライ産駒はアルゼンチンが得意で、目黒記念は苦手。

 

こちらは「危険な人気馬」を斬り捨てるのに使えますな。

 

昨年秋のアルゼンチン共和国杯で好走して人気を背負うハーツ産駒を斬る。

 

そして、アルゼンチンで大敗して、人気ガタ落ちになったディープを買う。

 

もちろん、この傾向はレースのペースに起因するものでございますれば、今年の目黒記念がスローペースになれば、作戦は失敗でございます(/ω\)

 

ただ、今年はフルゲートの18頭立てとなりましょう。

 

であるなら、まずスローはなかろうと踏んでおりまする。

 

 

 

今年の出走登録馬

出走表は毎度のことながらnetkeiba.comさまより(*_ _)

 

 

 

 

今年の作戦対象馬

 

ディープ産駒

 

・アイスバブル

 

昨春の目黒記念で5人気2着。そして昨秋のアルゼンチンでは4人気11着。

 

何と言う事でしょう。まさにピッタリではございませぬか。

 

しかも今年は9人気予想。

 

さらにもう1点推し材料として・・・

 

アイスバブルの母父キングカメハメハもディープと同じ傾向を持つ種馬で

 

【目黒>アルゼンチン】というクチ。

 

「同じ穴のムジナ配合馬」でございますな。

 

 

ハーツクライ産駒

 

・タイセイトレイル

 

昨秋のアルゼンチン共和国杯では本命に応えてくれた馬で、非常に心苦しい事ながら・・・

 

1人気予想でございますな。

今回はキチンと消えて頂きたい。

 

 

 

最終結論

 

目黒記念の最終結論

EZ-WINフル予想は、無料メルマガのクジ引き景品でございます。

 

クジ引き所は、毎週水曜日の昼過ぎ頃に開店でございます。

 

クジ引きご参加ご希望の方で、現在「無料メルマガ」にご登録の無い方は

 

↓↓↓お気軽にご登録を

 

 

現在、無料メルマガ新規で

ご登録の方に、もれなく

エピファネイア産駒の儲かる

買いどころをまとめた

「エピファネイア血統馬券レシピ」

を差し上げております。

 

血統馬券レシピのファイルは

メルマガ登録御礼メールに

添付ファイルでお付けしており

ますので、登録後すぐにご覧頂けます

 

 

無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールに記載の

「解除フォーム」

から1クリックでの一発解除

が可能です。

 

お試し頂いてお口に合いませ

なんだら、問答無用の一発解除

も大いに結構でございます。

お気軽にお試しをどうぞ。

 

 

アイスバブル以外に

面白そうな穴馬として、

1頭馬名をこちらでご紹介。

↓↓↓ クリック(*_ _)


競馬ランキング

現在10位前後

 

 

# 目黒記念予想

 

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. そうじろう より:

    くまもんさん こんばんは
    そうじろうです。

    川田Jについてですが、レクセランスでもアルジャンナでも 戻ろうと思えば戻れたと思うのですが、やはり…ノーザンFとの大人の事情があるのでしょうか…?
    また、ルメールJはワーケアが皐月パスした時からダービーは確約だったのでしょうか?
    例えサトノが皐月でいい勝負しても…。

    血統構成の話しではないので大変恐縮ですが、
    もし機会があればご意見お聞かせください。

  2. kmaxjapan2 より:

    川田騎手については、ヒューイットソン帰国によりガロア陣営より
    オファーが来て引き受けただけではないでしょうか?

    レクセは、皐月賞で蹴ってアンタレスSのお手馬を選んだ訳ですし、

    アルジャンナの毎日杯の時は、降りたと言うよりヒューイットソンに

    奪われた感じですよね。中京でOP特別に乗ってましたから。

    川田殿はこのところ芝の重賞で結果を出せておらず、

    乗りたい馬を選び放題と言う訳ではないのではないかと。

    ましてやノーザンの吉田勝己名義のアルジャンナの場合、

    一度降りると、自分から「乗ったりましょか?」とは言えませんよね。

    ルメール殿のワーケアは既定路線だと思いますが・・・。

    サトノはノーザンファーム生産馬とは言え外様馬主で

    ワーケアは個人馬主名義ながらあくまでも名義人だそうで、

    実権を握るのは・・・でございましょうから、

    ルメール殿はG1ではノーザンファームの大将格に乗る。

    これは揺るがぬ既定路線なのではないでしょうか?

    拙者が不思議に思うのは、何ゆえの皐月回避だったのか?

    の方でございますな。

    脚部不安というお題目はあったようですが、

    馬はめちゃくちゃ元気だったそうですし・・・

    サリオスとの使い分けで、皐月賞ならコントレイルを負かせる

    とノーザンファームは考えていたのかも知れませぬなぁ。

    まぁ、いずれにせよこういう問題は専門外でございますれば

    全て拙者の妄想にすぎませぬ(*_ _)

error: Content is protected !!