中山牝馬S 穴馬レポート

こ、ここを

押してたもれ(*´▽`*)

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

 

 

今週の土曜中山では、

波乱の象徴とも言うべき

牝馬限定ハンデ重賞

【G3中山牝馬S(芝1800m)】

が行われます。

 

中山競馬場の路盤改修工事が

竣工した2014年以降の

中山牝馬ステークスで5番人気以下で

馬券になった9頭のデータを元に、

今年の穴馬探しをして参りまする。

 

 

中山牝馬ステークス 穴馬レポート

 

 

中山記念の穴馬レポートでも

書いた事でございますが、

中山芝1800mというコースは

内回りコースで、ゴール前の

急坂を2度通過する、非常に

タフなコースでございますな。

 

そのため、直線でのカミソリのような

切れ味はさほど重要ではなく、

むしろある程度前目につけて

バテずに走る能力が求められまする。

 

また、1800mという非根幹距離

レースでございますれば、距離適性も

非常に重要なファクターでございます。

 

そのような特殊な適性がモノを言う

非常識なレースゆえに、過去6年で

1番人気は1勝2着2回と振るわず、

2桁人気馬が3頭馬券になっており

3着以内回数は1番人気馬と2桁人気が

同数と言う波乱傾向の強い重賞ですな。

 

 

 

穴馬の傾向

 

血統傾向に明確なものは少なく、

むしろ「馬の個性」が重要だと

拙者は考えておりまする。

 

5番人気以下で馬券に絡んだ馬の

キャラクターは以下のようなもの。

 

1.基本的に、前向きさの有る(先行脚質)

  1800m実績馬が穴をあけやすい傾向。

 

2.前走で人気して大敗か、

  前走下位人気で穴をあけた馬。

 

3.近3走がボロボロでも

  1800m重賞実績馬は外せない。

 

4.差し・追込み馬は近3走で

  全て上り上位(4位以内)

 

5.前走が重賞で、掲示板を

  確保していた馬は軽視禁物。

 

6.1600mから2000mの

  牝馬限定ハンデ重賞で複数回

  馬券に絡んでいる馬。

 

7. 1800m重賞実績馬。

 

8.ハンデキャッパーが54㌔以上を

  背負わせる馬は、近走がどんなに

  凡走続きでも軽視禁物。

 

9. 前走で馬券に絡んだ馬の

  軽ハンデ(52㌔以下)

 

10. ディープ産駒は

  1800m巧者が穴を出す。

 

11. マンハッタンカフェ産駒は

  実績・近走成績に関わらず要警戒。

 

とまぁ、穴をあける馬は、

このようなイメージでございます。

 

 

今年の出走登録馬

 

出走表はnetkeiba.comさまよりパクりました(*_ _)

 

 

 

今年の注目馬

 

ソウルスターリング

 

あの・・・(;・∀・)引退は?

 

藤沢先生も、前走中山記念で

一線級を相手に戦えたことで

引退延期を決心なさいましたな( *´艸`)

 

この馬については中山記念の

穴馬レポートで書いた通りでございます。

↑↑↑

ここをクリックで見られます。

 

さすがに今回は前走よりも

人気になりましょうが、

半信半疑で見られそうなほど

近走成績はボロボロでございましたゆえ、

まだ妙味はあるやも知れませぬな。

 

 

 

フェアリーポルカ

 

賞金不足で除外の可能性も

ございますが・・・

 

1800m実績は1戦1勝のみながら、

近親のトーセンビクトリーは2017年の

当レース勝ち馬でございますな。

 

また、牝系ファミリーには

トゥザヴィクトリー・トゥザワールド

トゥザグローリー・デニムアンドルビー

などなど枚挙にいとまが無いほどの

ビッグネームがぞろぞろ。

 

非根幹距離への適性も高い一族。

 

本馬は、前走の愛知杯では

坂路ラップB評価だったセンテリュオに

先着し、勝ち馬とは0秒2差の4着。

 

中山ではG3紫苑S2着の実績が有り

当レースに好相性のトニービン持ち。

 

また、ヌレイエフの血を5×3の

クロスで持っており、これにより

パワーと前向きさを補完されております。

 

中山の内回りコースには、

相性の良い配合と申せましょう。

 

ちなみに・・・

ルーラーシップ産駒の

前走2000mからの短縮ローテ

における当コース複勝率は5割。

 

なんとか出走にこぎつけて頂きたい

ものでございますなぁ。

 

 

ゴージャスランチ

 

非根幹距離重賞では絶対に買うべき

マンハッタンカフェ産駒でございますな。

 

全4勝中3勝が非根幹距離でのもので

G2ローズSでも3着馬とはタイム差無し。

 

中山1800mは、上級条件勝ち。

 

母父シーキングザゴールドは、

種牡馬として1年で他界したため

その産駒は56頭しか居りませぬが

日本での産駒には、スプリンターズSで

ワンツーフィニッシュを果たした

マイネルラヴ・シーキングザパールが

おりますな。

 

母母父は欧州の名門ステイヤー血統

ブランフォード系の血を持っております。

 

母父シーキングザゴールドは

配合相手の特色を引き出すタイプで

本馬の母はスタミナとスピードを

兼備しておるものと思われますな。

 

そのことが、先行してなおバテずに

メンバー上位の上り脚を使えるゆえん

なのだと拙者は解釈致しております。

 

この特性は中山1800mに

非常に都合の良い特性で、父の

非根幹距離適性と相まって、

期待は一層募りますなぁ。

 

 

中山牝馬S 穴馬分析シート

 

中山牝馬ステークスの、

穴馬絞り込みの資料として

Excelで分析シートを作成致しました。

 

出走登録馬全馬のキャラクターを

分析したもので、無料メルマガで

無償にて配信させて頂きます。

 

無料メルマガにまだご登録の無い方で

分析シートの配信をご希望の方は

下記の登録フォームからアドレスの

ご登録をどうぞ。

 

携帯メールでご登録の場合は、

必ずあらかじめ受信設定で

m.mag@kmax-begin.com 

からのメールが受信できるよう

設定をお願い致します(*_ _)

↓↓↓

なお、登録完了後すぐに

登録御礼メールが届きます。

 

穴馬分析シートは、その御礼メールに

Excelファイルを添付してお届けいたします。

 

もし御礼メールが届かない場合は、

迷惑メールフォルダをご確認頂き、

迷惑メールに振り分けられておりましたら、

「迷惑メールではない」として頂きまして、

受信フォルダに移動させて下さいませ(*_ _)

 

無料メルマガの配信解除は、毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いてお口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も大いに結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

 

 

拙者からの「たってのお願い」

 

いつもブログランキングに

厚いご支援を賜り、誠にもって

感謝の極みに存じまする(*_ _)

 

ブログランキングのバナーを

あなた様がポチッとして下さる

↓↓↓

このブログのランキングが上がる

↓↓↓

拙者のモチベーションも↑↑↑

↓↓↓

より良い分析と予想記事が書ける

↓↓↓

あなたが穴馬券を当てる

↓↓↓

情けは人の為ならず
巡り巡ってわが身に帰る。

↓↓↓

どうかひとつお情けを(*_ _)

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

 

# 中山牝馬 穴馬 血統 予想

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!