弥生賞 EZ-WIN予想

まずはお手を拝借(*_ _)

いよぉ~

ポチッ!

↓↓↓ 有難き幸せ(*_ _)


競馬・血統理論ランキング

 

 

皐月賞トライアル「G2弥生賞」を

総合適性診断シートEZ-WINを

使って予想して参りまする。

 

世間では上位人気馬同士の決着

と見られる向きも少なからず

ございますようですが・・・

 

雨による人気馬脱落の可能性を

拡大解釈しまくって、玉砕覚悟の

穴予想を展開して参りまする。

 

 

G2弥生賞 EZ-WIN予想

 

見やすいエクセル版は

↓↓↓ クリックで無料ダウンロード

2020 弥生賞ディープインパクト記念 EZ-WIN

 

 

・馬名に背景色が付いている馬は、

 コースの好走血統に該当する馬。

 

・調教評価欄の黄色い着色は、

 調教偏差値が高かった馬。

 

・調教評価欄のアルファベットは、

 坂路調教でラスト1Fが最速タイムとなる

「加速ラップ」を踏んでいた馬で、

 ラップタイムの評価をA~Dの順で付けております。

 

・脚質欄の数字は、左が最初のコーナー通過順位で

 右の数字は上り3Fタイム順位となっており、

 レースのペースに大きな影響を及ぼす逃げ・先行脚質には

 明るい緑色の背景色を付けて、展開をビジュアルで

 予想できるようにしております。

 

・血統・人気複率は、予想人気をもとに

 その人気における該当血統の複勝率%を記載しています。

 

・前距離複勝率は、同距離・距離短縮・距離延長の

 距離ローテ、予想人気による複勝率を記載しています。

 

騎手・厩舎の背景色は複勝率によって

複勝率が高い順に【赤・黄・オレンジ】の配色を付け、

$マークがあるのは、そのコースで複勝回収率が

100%を超える「穴騎手・穴厩舎」であることを示します。

 

「前走不利」は、出遅れや進路妨害などに関するものでは無く

馬場傾向・距離ローテ・展開について不利な要素が多かった順に

【赤・黄・オレンジ】の背景色を付けております。

 

レシピ欄は「血統馬券レシピ」に該当する馬に、

その内容によって以下のような記載をします。

【昇】昇級戦に強い血統。

【短】距離短縮で期待値が上がる血統馬。

【延】距離延長で期待値が高い馬。

【TC】トラックチェンジの略。

    芝⇔ダート替りで期待値が高い馬。

【馬】馬主が当コースに特に強く期待値が高い馬。

記載がない場合は、レシピ該当馬がおりませぬ。

 

RP指数の説明は

↓↓↓

ここをクリック

 

良馬場ならば、マイル戦の実績馬が

非常に強いレースでございますが・・・

 

雨でございますなぁ♪

 

さて、

「皐月賞トライアル」

という位置付けのレースですが、

これが皆目本番に繋がらず、

むしろ、日本ダービーに繋がる

という面白い傾向がございますな。


これはひとえに

レースのペースが原因

と拙者は考えておりまする。


弥生賞は比較的

穏やかな流れになりやすく、

皐月賞は厳しい流れの

レースになりやすい。


つまり、求められる適性が

真逆とまでは申しませぬが

それに近いものはございますな。


弥生賞では、前走で上り最速を

マークしていた馬の戦績は・・・

↓↓↓

前走上り3F1位

4- 3- 1-10/18

勝率  22.2%

連対率 38.9%

複勝率 44.4%


このように、

じっくり追走して、

直線でスパッと切れる。


つまり、直線の長い

東京コースに適性の高い

脚質を持つ馬が強い。

という事になりますな。


血統面においても、

ディープとキンカメ産駒。

つまりダービー血統馬が

やたらと強い事が伺えまする。


よって、母系には「速い血」

を持つ方が弥生賞には相性が良く

「母父が米国型かミスプロ系」

これが弥生賞の好走血統傾向。

でございます。

 

ところが、雨で馬場がタフになると

途端に欧州血統の需要が高まります。

 

今年、雨による一番の被害者候補は

母系に速い米国型の血を持つ

サトノフラッグでございましょう。

 

他の2頭の人気馬は、

それぞれ欧州型を持ち合わせており

雨の恩恵を最も受けそうな血統馬は

父オルフェーヴル

母父にロベルトを持つ

⑩オーソリティではないかと

未熟者の拙者などは愚考致しております。

 

ワーケアも父ハーツクライは

欧州血統のトニービンを持つ種牡馬で、

母系にもしっかりと欧州血統を

抱えておりますな。

 

という事で、穴馬の為に

1席は空席ができるのではないかと。

 

その候補は、欧州型を持つ

3番から7番の4頭でございます。

 

最もタフな競馬を経験しており

そのレースで重賞を勝った

⑤ブラックホールが本命です。

 

父はタフな馬場に強い

ステイゴールド系種牡馬の

ゴールドシップでございますな。

 

母父には欧州型キングマンボ系。

 

相手にはワーケア・オーソリティの2頭

 

3列目候補として

➂パンサラッサ

④オーロアドーネ

⑥ウインカーネリアン

⑦メイショウボサツ

⑪ディヴィナシオン

 

 

馬券は

3連単3頭ボックス⑤⑧⑩

3連複フォーメーション

⑤-⑧⑩-③④⑥⑦⑧⑩⑪

 

 

WIN5の勝ち馬候補は

⑤⑧⑩の3頭です。

 

 

 

拙者からの「たってのお願い」

 

いつもブログランキングに

厚いご支援を賜り、誠にもって

感謝の極みに存じまする(*_ _)

 

ブログランキングのバナーを

あなた様がポチッとして下さる

↓↓↓

このブログのランキングが上がる

↓↓↓

拙者のモチベーションも↑↑↑

↓↓↓

より良い分析と予想記事が書ける

↓↓↓

あなたが穴馬券を当てる

↓↓↓

情けは人の為ならず
巡り巡ってわが身に帰る。

↓↓↓

どうかひとつお情けを(*_ _)

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

 

# 弥生賞 予想 血統

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!