阪神芝1400m コース攻略ガイド2020

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)どうかひとつ

↓↓↓ クリックを(*_ _)賜りたし


血統理論ランキング

 

 

阪神芝1400m内回り コース攻略ガイド

 

古馬重賞G2阪神カップ・G3阪急杯と

3歳牝馬重賞G2フィリーズレビューが

行われる阪神芝1400m内回りコースの

特性と血統傾向を分析して参りまする。

 

レース予想の参考資料となさって頂けましたら、

誠にもって光栄の至り(*_ _)

 

 

 

コースの特性

 

スタート地点は向正面左側、

2コーナー出口付近のポケット。

 

内回りコースを使用するコースで、

3コーナーまでの距離は443m。

 

3コーナーから4コーナーにかけては

ゆるやかに下り、最後の直線距離は356.5m。

 

最初のコーナーまで十分に距離はあるものの、

スタート直後は各馬が押して出して行くため、

先行争いが激しくなりやすく、前半3F(600m)は

芝1200m並の速さで流れるケースが殆ど。

 

2歳馬のOPクラスでは

スローペースになることもございますが、

その他のクラスでは、ほぼ確実に

前傾ラップになるコース。

 

※前傾ラップ

前半3Fタイムが

後半3Fタイムよりも速いラップ

 

中盤の1F(200m)毎の区間タイムも

11秒台のラップを刻むのがお約束。

 

道中で息を入れるところが無く、

さらにはゴール前に急坂が待ち構えている

と言うこともあり、後半3ハロンの上りタイムは

平均で35秒台と上り時計が掛かる傾向。

 

走る馬にとっては、まさに

地獄のようなコースレイアウトで

芝1200mに比べると、逃げ馬が

生き残る確率は格段に下がりますな。

 

基本的には直線が短い内回りコースのため、

先行~好位抜け出しタイプが優秀ですが、

差し・追い込み馬の好走も多いコース。

 

 

血統傾向

 

コースの全クラス・牡♂牝♀共通の

種牡馬別成績は以下の通りでございます。

【阪神芝1400m内 種牡馬別集計】

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ロードカナロア 12- 3- 8- 48/ 71 16.9% 21.1% 32.4%
ダイワメジャー 9- 15- 10- 68/102 8.8% 23.5% 33.3%
ディープインパクト 8- 10- 7- 68/ 93 8.6% 19.4% 26.9%
ハービンジャー 6- 6- 0- 28/ 40 15.0% 30.0% 30.0%
ブラックタイド 5- 2- 1- 24/ 32 15.6% 21.9% 25.0%
ステイゴールド 5- 1- 5- 20/ 31 16.1% 19.4% 35.5%
キンシャサノキセキ 3- 4- 9- 37/ 53 5.7% 13.2% 30.2%
キングカメハメハ 3- 2- 4- 15/ 24 12.5% 20.8% 37.5%
アドマイヤムーン 3- 2- 3- 26/ 34 8.8% 14.7% 23.5%
ハーツクライ 3- 2- 2- 25/ 32 9.4% 15.6% 21.9%
ダノンシャンティ 3- 2- 2- 12/ 19 15.8% 26.3% 36.8%
スクリーンヒーロー 3- 2- 0- 15/ 20 15.0% 25.0% 25.0%
エイシンフラッシュ 3- 1- 1- 16/ 21 14.3% 19.0% 23.8%
ヴィクトワールピサ 2- 3- 2- 21/ 28 7.1% 17.9% 25.0%
ルーラーシップ 2- 2- 5- 20/ 29 6.9% 13.8% 31.0%

集計期間:2017. 2.26 ~ 2019.12.22

 

コースリーディングのロードカナロアは

5番人気以内が狙い目で、6人気以下では

期待値が大きく下がりますな。

 

また、重賞では今のところ

好走馬が出ていないのも気になるところ。

 

 

 

人気薄で走る種牡馬リスト

 

4番人気以下でも好走率が高いのは?

↓↓↓

【4番人気以下の種牡馬別集計】3着以内数順

種牡馬 総数 勝率 複勝率 単回値 複回値
ダイワメジャー 72 5.6% 19.4% 51 89
キンシャサノキセキ 42 4.8% 26.2% 52 114
ダノンシャンティ 18 16.7% 38.9% 274 190
ハービンジャー 31 6.5% 22.6% 112 86
ディープインパクト 51 2.0% 13.7% 30 46
キングカメハメハ 19 10.5% 31.6% 252 136
ロードカナロア 41 4.9% 12.2% 49 42
スクリーンヒーロー 17 11.8% 23.5% 132 60
ルーラーシップ 21 4.8% 19.0% 152 84
ディープブリランテ 23 4.3% 17.4% 57 173
ヘニーヒューズ 13 0.0% 30.8% 0 263
ヴィクトワールピサ 21 9.5% 14.3% 211 82
ブラックタイド 25 4.0% 12.0% 171 159
オルフェーヴル 15 6.7% 20.0% 40 56
ハーツクライ 22 4.5% 13.6% 93 63
ジャングルポケット 13 7.7% 23.1% 86 244

集計期間:2017. 2.26 ~ 2019.12.22

 

 

ダノンシャンティPサンデー系)と

キングカメハメハがコースの穴血統。

 

もちろん、人気に関わらず上位に

ランキングされるダイワメジャーは

「とりあえず押さえる。」

くらいの心意気が非常に

大事であると申せましょう。

 

 

 

重賞の血統傾向

 

【古馬重賞 種牡馬別集計】

種牡馬 総数 勝率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 39 12.8% 33.3% 97 90
シンボリクリスエス 12 25.0% 50.0% 217 159
ダイワメジャー 34 5.9% 20.6% 33 105
キングカメハメハ 25 8.0% 12.0% 109 52
フジキセキ 25 8.0% 12.0% 49 23

集計期間:2010. 2.28 ~ 2019.12.21

 

これは過去10年の古馬重賞

G2阪神カップ・G3阪急杯の

種牡馬別成績でございます。

 

やはり重賞になると

ディープインパクトが強いですなぁ。

 

条件に関わらず、

人気にも左右されないのが

ダイワメジャーでございます。

 

が・・・

ダイワメジャーの牝馬は皆目走りませんな。

 

 

 

 

古馬重賞での前走距離の傾向

 

古馬の重賞では、前走が1600mからの

距離短縮が「複勝率21%」で最も優秀。

 

次点は、前走同距離だった馬の

「複勝率18.8%」

 

1200mからの距離延長は、

「複勝率13.9%」とやや不振。

 

前走が1600mだった馬で、

最も成績が良い種牡馬は・・・

↓↓↓

【前走1600m 種牡馬成績】

種牡馬 総数 勝率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 25 12.0% 36.0% 127 107

集計期間:2010. 2.28 ~ 2019.12.21

 

ちなみに、前走同距離での上位種牡馬は

↓↓↓

【前走同距離 種牡馬別集計】

種牡馬 総数 勝率 複勝率 単回値 複回値
シンボリクリスエス 8 25.0% 62.5% 227 201
ダイワメジャー 14 14.3% 28.6% 81 159

集計期間:2010. 2.28 ~ 2019.12.21

 

 

以上が阪神芝1400m内回りコースの

血統傾向でございまする。

 

 

いつも人気ブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

読者の皆様の助太刀クリックのお陰様で、

血統理論人気ブログランキングの1位をキープ出来ております。

 

読者様の1日1回のクリックが、ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計でランキングが変動いたしまする。

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなに助太刀をお願い致しまする(*_ _)

 

助太刀クリック↓↓↓ (*_ _)よしなに

    

  血統理論人気ブログランキング

 

 

# 阪神芝1400 血統 傾向

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!