フェブラリーS 穴馬レポート

あ、しばし・・・そこの御仁・・・

よろしければブログランキングに

助太刀の一太刀を(*_ _)どうかひとつ

↓↓↓ クリックを(*_ _)


投資競馬ランキング

 

フェブラリーステークス 穴馬レポート

 

2020年 G1フェブラリーステークスの

出走メンバーがほぼ確定致しましたので、

前回のレポートに引き続き、穴馬を探して参りまする。

 

 

フェブラリーS 出走馬

 

出走表はnetkeiba.comさまより拝借(無断)

 

 

フェブラリーステークス 好走傾向

 

前回のレポートで挙げたフェブラリーSの好走傾向は・・・

↓↓↓

1.馬格の有る(前走500㌔以上)牡馬♂。

2.前走がJRA重賞だった馬。

3.父がDサンデー系か米国型の馬。

  特に母父も米国型がベター。

4.近走で上り3Fタイム順位4位以内。

5.1枠・4枠・8枠以外の枠。

6.前走1400mだった馬は根岸Sだった馬。

 

これに補足として、

1.母父がミスプロ系・米国型ノーザンダンサー系

  またはPサンデー系(過去5年の3着以内馬全てが該当)

2.前走「根岸S」組は、5着以内だった馬

 

 

今年の「好走傾向該当馬」

 

まずは血統傾向に合致する馬を挙げて参りまする。

 

両親共揃って好走血統に合致するのは・・・

 

・インティ(父ミスプロ系×母父ミスプロ系)

・サンライズノヴァ(Dサンデー×ミスプロ)

・ノンコノユメ(ミスプロ系×Pサンデー)

・モジアナフレイバー(ミスプロ系×米国ND系)

・ワイドファラオ(米国ND系×Pサンデー系)

 

以上の5頭でございますな。

 

 

前走がJRA重賞だった馬は・・・

 

・インティ(東海S 3着 518㌔

・キングズガード(東海S 5着 478㌔)

・サンライズノヴァ(武蔵野S 5着 524㌔

・タイムフライヤー(チャンピオンズC 8着 474㌔)

・ミッキーワイルド(根岸S 11着 514㌔

・モズアスコット(根岸S 1着 494㌔)

・ワイドファラオ(根岸S 5着 508㌔) 

・ワンダーリーデル(根岸S 8着 530㌔

・ヴェンジェンス(東海S 2着 500㌔

 

※馬名赤文字は血統傾向該当馬

 

 

人気上位馬のスキは?

 

人気を分け合いそうな気配の

・インティ

・モズアスコット

 

この2頭の不安材料は・・・

 

インティ

血統はミスプロ系×ミスプロ系の配合で

不足はございませぬが、昨年と比較して

陰りが見えるのは「末脚」でございますな。

 

昨年は、フェブラリーSまでの3走全てで

逃げるか、先行しても上り2位以内をマーク。

 

今年は「見る影もない」と言えるほど。

3走前のみやこSは4角の不利がございましたが、

近2走は「あれ?(;・∀・)なんで?」という印象。

 

ケイムホームの産駒は、一旦勢いが止まると

その後勢いを取り戻す産駒は少なく、

自分の好きな条件や流れのレースでのみ

時折好走するようなパターンが一般的ですな。

 

元々の能力が高い馬でござれば、

軽々に切って捨てる訳には参りませぬが、

あまり人気になるようであれば、

3着押えでも良いのではなかろうかと。

 

 

モズアスコット

 

父がサドラーズ系のフランケルで、

ダートに向く要素の少ない種馬でございますが、

母系はダート向きの家系でございますな。

 

母はダート1700mのG2勝ち馬で、

従兄弟たちはダートG1馬でございます。

 

また、モズアスコットの母父ヘネシーは、

父として2007年のフェブラリーS優勝馬

サンライズバッカスを出している

米国型ストームバード系の種牡馬ですな。

 

加齢と共に、偉大な父の芝適性から

母方のダート適性へと適性がシフトしたのが

前走の激走の要因とも考えられますが、

初ダートで激走した馬の2度目のダートは

「取捨を慎重に」と言うのがセオリーでございます。

 

その理由は、本当に適性が高いゆえの激走であったのか、

はたまた、芝→ダ替りで馬の気持ちがフレッシュになり

そのレースで頑張れただけなのか?

 

この答えは、実際に2戦目を見てみるまでは

どちらとも言えないというのが正直なところ(*_ _)

 

ただ、芝のレースでも1400mがベストの馬で、

今回の距離延長は歓迎材料ではない事だけは

確かな事でございましょうな。

 

 

今年の注目穴馬

 

ワイドファラオ

父  米国型ND系(ストームバード系)

母父 アグネスタキオン(Pサンデー系)

前走 根岸S 5着 馬体重508㌔

好走傾向には全て当てはまっております。

 

父ヘニーヒューズの産駒は、

前走1400mからの延長ローテが

最も期待値の高い距離ローテでございます。

↓↓↓

 

種牡馬:ヘニーヒューズ  前走距離別集計

前走距離 総数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1400m 20 20.0% 45.0% 133 123

集計期間:2017.10. 7 ~ 2020. 2.16

 

さらに申せば、前走凡走からの巻き返し力が

非常に高い種馬でもございますな。

↓↓↓

 

種牡馬:ヘニーヒューズ/前走平地距離:1400m 前走着順別集計

前走着順 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
4着~9着 20.0% 30.0% 60.0% 157 198

集計期間:2018. 1.27 ~ 2020. 2. 9

 

加えて、今年の出走メンバーの中で

唯一の「坂路加速ラップB評価」対象馬でもございます。

 

もう1頭。

こちらは大穴候補でございますが・・・

 

モジアナフレイバー

 

父は米国型ミスプロ系エンパイアメーカー

母父は米国型ND系(ヴァイスリージェント系)

血統傾向は合格でございますな。

 

母の半弟に、高松宮記念勝ち馬の

セイウンコウセイが居る牝系出身でございまする。

 

JRA重賞には初挑戦でございますが、

近5走は地方のG1に3度出走して、

その全てで掲示板(5着以内)を確保。

 

特にG1東京大賞典では、1番人気の

ゴールドドリームを競り落としての3着。

 

血統から、中央の軽い砂でもやれそうで、

末脚が活きる展開になれば、圏内に

飛び込んで来るだけの能力はございましょう。

 

 

最終結論

 

フェブラリーステークスの最終結論は、

レース当日の13時頃にEZ-WIN予想を

当ブログにて公開予定でございます。

 

なお、土曜重賞の

ダイヤモンドSのEZ-WIN予想は

無料メルマガ限定配信となります。

 

ダイヤモンドSのEZ-WIN予想は

レース当日の13時頃の配信予定です。

 

無料メルマガに未登録の方で、配信をご希望の方は

レース当日の正午までにアドレスのご登録を(*_ _)

↓↓↓

 

携帯メールでご登録の場合は、あらかじめ受信設定で

m.mag@kmax-begin.com からのメールが受信できるよう

設定をお願い致します(*_ _)

 

なお、登録完了後すぐに登録御礼メールが届きます。

もし届かない場合は迷惑フォルダをご確認頂き、

迷惑メールに振り分けられておりましたら、

「迷惑メールではない」として頂きまして、

受信フォルダに移動させて下さいませ(*_ _)

 

無料メルマガの配信解除は、毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いてお口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も大いに結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

 

 

いつも人気ブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

読者の皆様の助太刀クリックのお陰様で、

血統理論人気ブログランキングの1位をキープ出来ております。

 

読者様の1日1回のクリックが、ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計でランキングが変動いたしまする。

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなに助太刀をお願い致しまする(*_ _)

 

助太刀クリック↓↓↓ (*_ _)よしなに

    

  血統理論人気ブログランキング

 

 

# フェブラリーステークス 穴馬

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!