今週の新馬戦注目馬


血統理論ランキング

 

今週の新馬戦注目穴馬

今週の新馬戦出走馬から、血統と坂路ラップ評価を元に

狙ってみたい「注目穴馬」を抽出して参ります。

 

今週の新馬戦出走馬で、坂路を好ラップで駆け抜けた馬が居るのは

3鞍でございますが、ここでは日曜東京4R「ダ1600m」から

注目穴馬を1頭ピックアップしてお披露目しておきまする。

 

日曜東京4R 新馬 ダ1600m 

 

まずはコースのデータから。

 

東京ダ1600mは芝スタートのワンターンコース。

下りスタートで芝スタート。

さらに長いバックストレッチというレイアウトで、

前半からスピード能力を問われるコースでございますな。

 

血統傾向

その為、芝的なスピード能力を持つ血統が走りやすく、

サンデー系の中でも勝ち星シェアがダート戦にかたよる

「Dサンデー系」の種牡馬産駒が強いコース。

 

新馬戦の場合は、仕上がりの早さと、2歳戦から

結果を求められる米国で育まれてきた血統も走りやすく、

ミスプロ系・APインディ系・ストームバード系と、

サンデー系のDサンデー系、スピードタイプの「Pサンデー系」

これらが上位を占めております。

↓↓↓

【東京ダ1600 新馬戦 上位種牡馬系統】

種牡馬系統 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ミスプロ系 8- 2- 3-31/44 18.2% 22.7% 29.5%
Dサンデー系 7- 8- 5-60/80 8.8% 18.8% 25.0%
APインディ系 6- 6- 1-33/46 13.0% 26.1% 28.3%
Pサンデー系 4- 3- 2-17/26 15.4% 26.9% 34.6%
ストームバード系 3- 3- 7-36/49 6.1% 12.2% 26.5%
ダンチヒ系 3- 1- 1- 8/13 23.1% 30.8% 38.5%

集計期間:2018. 1.27 ~ 2019.11.23

これらの種牡馬系統で、複勝回収値が100円を超える

黒字回収となるのは「Dサンデー系」のみでございますな。

 

そしてDサンデー系の種牡馬産駒の中でも、

新馬戦で最も優秀な結果を出しておるのが

 

↓↓↓

新馬/種牡馬系統:Dサンデー系

母父馬系統 総数 勝率 複勝率 単回値 複回値
ミスプロ系 18 11.1% 27.8% 258 154

集計期間:2018. 1.27 ~ 2019.11.23

 

注目馬

このレースで注目したいのは、

ネット競馬さまの予想人気7番人気の

・トーセンライブ

 

父はレアな種牡馬トーセンモナーク。

サンデー系の種牡馬でございますが、

トーセンモナーク自身は重賞経験が無いダート馬。

 

サンデー系種牡馬産駒である事と、

牝系の質の高さ(半弟にヴィクトワールピサなど)から

種馬になれたラッキーな種牡馬でございますな。

 

トーセンモナーク産駒の成績はダートシェア100%で

分類すると「Dサンデー系」となります。

 

そして母父はミスタープロスペクター直仔の

「イードバイ」

イードバイもG1未勝利種牡馬で、

ミスプロ直仔という事と牝系ファミリーに

種牡馬レイヴンザパスが居ることで牝系の質の良さから

種牡馬になれた「親の七光り的種牡馬」ですな。

 

トーセンライブ自身も牝系の質は高く、

伯父はジャパンカップ勝ちの種牡馬

「アルカセット」の居る牝系でございます。

 

1週前追切りの評価は、

坂路加速ラップ評価「B」と秀逸なラップで

一杯に追われる1勝馬に、外を回して1馬身先着。

 

最終追切は、テンからのダッシュに主眼を置いた内容で、

先行力を付けさせるための調教でございました。

 

Dサンデー系×ミスプロ系という配合で好調教。

 

狙う価値はございますでしょう。

 

 

もう1頭、日曜京都の新馬戦には

中間の栗東坂路でスーパーラップを踏んだ馬が

出て参りますな。

出走レースと馬名はこちらに書いております。

↓↓↓ ポチっとしてチェック。


人気ブログランキング

クリックして開いたページの

血統馬券の参考書「ブログ紹介文」に

馬名を記載しております。

 

現在の順位は以下の通り。

「血統理論ブログランキング」1位

「投資馬券ブログランキング」4位

 

なお、相手候補に取り上げたい馬は、

「血統馬券倶楽部」で配信致します

EZ-WINに記載しております。

↓↓↓

血統馬券倶楽部 募集要項 2020年2月会員

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!