重賞レポート G2ステイヤーズS

今週の土曜中山重賞は、平地重賞では

最長距離となる「ステイヤーズステークス」

舞台は中山芝3600m。

 

今年はオジュウチョウサンの出走が

レースを盛り上げてくれそうですな♪

 

ステイヤーズステークスは、かなりの銀行レースで

ほとんど穴馬の台頭が期待出来ない傾向がございますが、

今年はオジュウチョウサン以外に少々気になる存在がおります。

 

今年の出走登録馬


※出走表はnetkeiba.comさまより拝借(*_ _)

 

オジュウチョウサンは5番人気予想。

8歳馬のアルバートが1番人気予想。

昨年の勝ち馬リッジマンが2番人気予想。

 

チェスナットコートが3番人気予想?なぜ?

予想人気通りの人気順になるようなら

今年は少々楽しめるステイヤーズステークスと

なるやも知れませぬなぁ♪

 

ステイヤーズS過去5年の好走傾向

2014年の中山競馬場路盤改修後、

過去5年のステイヤーズステークスで3着以内に

入線した15頭について傾向を分析して参りまする。

 

血統傾向

基本的には中長距離タイプの

サンデー系種牡馬産駒が強いレースでございますが、

スパイス的な血統として、非常に重要と考えられるのは・・・

 

・欧州型ナスルーラの血

・欧州型ノーザンダンサー系かノーザンテーストの血

・欧州型ファイントップ系の血

・欧州型ロベルト系の血

 

これらの血を持つ馬の好走が目立つレースでございます。

 

近走傾向

リピーターとなる資格を持つ馬以外は、

近3走以内に3着以内に入線した実績と、

近3走以内に上がり3Fタイム順位

5位以内の実績をもっておりました。

 

また、好走馬15頭中14頭が

中7週以内のローテでの出走でございました。

 

今年の注目馬

レース間隔は「中12週」と好走傾向から外れますが、

父が欧州型グレイソヴリン系ジャングルポケット

母父に菊花賞・天皇賞春の勝ち馬マンハッタンカフェ。

母母父にノーザンテーストを持つ「ヴァントシルム」

 

母父マンハッタンカフェは、非根幹距離の帝王。

 

3走前に上がり34秒台での最速勝ちがあり、

これまでに33秒台の上りを使えたことのない

「鈍足タイプ」のスタミナ&持久力血統馬。

 

3000m以上の距離は今回が初めての大幅距離延長馬。

このパターンは血統馬券レシピの

「500m以上の延長で初距離になる

メジロ牝系のレイクヴィラファーム生産馬」

に該当する馬でもございます。

 

関西騎手の成績が思わしくないステイヤーズステークスで、

関西騎手から関東騎手の田辺殿への乗り替りもプラス。

 

当日のパドック気配次第では、

本命に据える事を検討しております。

 

このレースの最終結論とEZ-WIN予想は、

「血統馬券倶楽部」限定配信となります。

 

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り
誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

読者の皆様の助太刀のお陰様で、

血統理論人気ブログランキングでは

1位をキープ出来ております。

 

「単勝・複勝人気ブログランキング」では

4位と5位を行ったり来たり中^^;

 

読者様の1日1回のクリックが、

ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計で

ランキングが変動いたしまする。

 

はなはだご面倒ではございましょうが、
本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)
      ↓↓↓

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!