重賞レポート G2京王杯2歳S

今週の土曜東京メインは、

朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦

「G2 京王杯2歳ステークス」東京芝1400m

 

近5年は1番人気がもれなく馬券に絡む

面白みに欠けるレースに成り下がっておりますが、

2013年以前の5年間は、1番人気が必ず飛ぶ楽しいレース。

でございましたなぁ・・・あぁ、懐かしい

 

順番から言えば・・・

今年から再び1番人気が飛びまくる5年間の始まり。

 

という事で、2009年まで遡り、

穴馬の好走傾向を探りつつ、今年の穴馬を探しに参りましょう。

 

血統傾向

 

京王杯2歳Sで勝ち馬を出しているか、

複数の連対馬を出している血統は・・・

 

 

【京王杯2歳S種牡馬系統別集計】

チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
Pサンデー系 2- 4- 4-19/29 6.9% 20.7% 34.5%
ストームバード系 2- 0- 1- 7/10 20.0% 20.0% 30.0%
フォーティーナイナー系 2- 0- 0- 9/11 18.2% 18.2% 18.2%
ミスプロ系 1- 1- 1- 9/12 8.3% 16.7% 25.0%
キングマンボ系 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
プリンスリーギフト系 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6%
ヴァイスリージェント系 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
Tサンデー系 0- 3- 1- 9/13 0.0% 23.1% 30.8%

集計期間:2009.11.14 ~ 2018.11. 3

 

大系統のミスプロ系が4勝2連対。

Pサンデー系が2勝4連対。

(サンデー系の分類はココをクリック)

 

これを「4番人気以下だった馬」に限定しますと・・・

 

【4番人気以下指定/ 種牡馬系統別集計】

チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
フォーティーナイナー系 2- 0- 0- 8/10 20.0% 20.0% 20.0%
ストームバード系 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0%
プリンスリーギフト系 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
ヴァイスリージェント系 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
Pサンデー系 0- 3- 3-17/23 0.0% 13.0% 26.1%
Tサンデー系 0- 2- 1- 5/ 8 0.0% 25.0% 37.5%
ミスプロ系 0- 1- 1- 8/10 0.0% 10.0% 20.0%
キングマンボ系 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
ノーザンダンサー系 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0%

集計期間:2009.11.14 ~ 2018.11. 3

 

勝ち馬を出しておるのは、

芝・ダート兼用の系統で、どちらかと言えば

短距離戦に強い系統でございますな。

 

また、大系統のミスプロ系を除くと、

父が欧州型のタイプはホワイトマズル(リファール系)産駒の

テイエムオオタカ1頭のみとなっております。

 

そして、父がTサンデー系の3頭の共通点は

「母父が米国型」という事でございます。

 

今年の該当馬を探す前に、例によって

netkeiba.com様より予想人気入りの馬柱を

無断借用して参りましょう(*_ _)

 

今年の登録馬

 

今年の血統傾向該当馬(4番人気以下)

 

大系統ミスプロ系

・アポロニケ

・グレイトホーン

・ペコリーノロマーノ

 

Pサンデー系

・カップッチョ

・グランチェイサー

 

米国型ストームバード系

・セイラブミー

 

以上の6頭が血統+人気の傾向に合致する馬になります。

 

その他の傾向

 

前走クラス

【前走クラス別集計】

前走クラス 総数 勝率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 46 6.5% 23.9% 115 112
昇級戦 60 3.3% 13.3% 51 85

集計期間:2009.11.14 ~ 2018.11. 3

「前走が重賞を含むOPクラスだった馬」

が効率的に儲けられるようでございますな。

 

その内訳をみて参りますと・・・

前走クラス 総数 勝率 複勝率 単回値 複回値
OPEN特別 29 3.4% 17.2% 22 94
G3 15 6.7% 26.7% 229 94
G2 2 50.0% 100.0% 615 500

集計期間:2009.11.14 ~ 2018.11. 3

前走がG2だった馬は残念ながら今年は該当なし。

狙い目は、前走G3だった馬。という事になりますな。

 

上記の6頭の内で、前走がG3だった馬は・・・

 

・カップッチョ

・グランチェイサー

 

この2頭に絞られました。

 

グランチェイサーでございましょうなぁ。

名前もカッコいいですし・・・(*^。^*)

 

グランチェイサーの半兄ニシノラッシュは

2014年京王杯2歳Sの3着馬で、

従兄弟のボールライトニングは15年の優勝馬。

 

前走は距離延長によるペースダウンで掛かりっぱなし。

道中は口を割りながら鞍上と喧嘩三昧。

全くレースになっておりませんでしたなぁ。

 

今回は1400mへの短縮ローテ。

加えて、牝系ファミリーの距離別賞金シェアは

1400mで全獲得賞金の約半分を稼いでおり、

典型的な短距離向きの「非根幹距離型ファミリー」。

 

新馬戦の補正タイム指数が85と水準以上の

能力を示しており、この指数は1番人気が予想される

タイセイビジョンの新馬戦と同じ指数なのでございます。

 

という事で、今年の注目穴馬は

「グランチェイサー」

という事にしておきまする。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!