マーメイドSレポート

波乱の象徴とも言うべき牝馬ハンデ重賞

G3マーメイドステークス

が、日曜阪神11Rで開催されます。

 

過去10年で1番人気は2勝と苦戦傾向。

 

その反面、5番人気以下が5勝しており、

うち4勝はハンデ53キロ以下の軽ハンデ馬。

 

ハンデキャッパーさんの腕前に脱帽でございますな。

 

そして波乱の要因は、求められる適性が特殊である。

という事も、ハンデ同様に大きな要因でございましょう。

 

2000mという根幹距離コースでありながら、

非根幹距離に適性の有る種牡馬産駒や、ローカルの

小回り巧者の血統、ダート中距離適性の高い血統。

と言った、少々ズレた適性を持つ馬が強いレース。

 

最も分かりやすい例は、非根幹距離の王者

マンハッタンカフェの産駒が非常に優秀ということ。

 

その辺りをふまえて、今年の激走穴馬を探し出す

糸口を見つけに参りますれば、しばしお付き合いを(*_ _)

 

今年の出走予定馬


出馬表はnetkeiba.comさまより拝借

 

ハンデが53キロ以下で、予想人気5番人気から10番人気。

これが激走馬探しの第一関門でございますな。

 

ターゲットは以下の6頭。

・クィーンズベスト

・サラス

・スカーレットカラー

・ダンサール

・レーツェル

・レッドランディーニ

 

これを血統評価と言う「ふるい」に掛けますと・・・

クィーンズベストとスカーレットカラーが脱落。

 

次のふるいは、近走の上り順位。

前走の上り順位が3位以内または、

近2走以内に上り最速の実績が有る馬。

・サラス

・ダンサール

・レッドランディーニ

 

この3頭で、ダートに適性の有る血を持つのは

サラスとレッドランディーニの2頭。

 

サラスの母父は、北米リーディングサイアー。

種付け料が3400万という高額種牡馬のタピット。

 

前走でパールステークスに出走していた馬の

相性が良いレースでもあり、激走に期待したいと思いまする。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!