優駿牝馬EZ・WIN予想

昨日の東京芝は、先週程の高速馬場ではなく、

「おや?」と思ってJRAのホームページを覗くと、

金曜の夜に散水しており、水分含有率が稍重に近いレベル。

 

やはりノームコアの故障であちこちから

色々な圧力があったのでございましょうか?

 

昨日の散水作業は無かったのか、何も書かれておりませぬ。

 

ならば乾けば、またぞろ高速馬場へ変貌しそうでございますな。

 

 

それではオークスのEZ・WINを公開します。

補足1

予想人気欄の背景色は、単勝・複勝に1投票で
50万円を超える大口投票の有った馬になります。

色の濃さは単勝への大口が多かった馬ほど濃い色になります。

クロノジェネシスの単勝には100万単位の投票が
数回にわたって見受けられ、複勝には1時間おきに
50万単位の投票がありました。

 

補足2

調教偏差値S欄の*印や⊛印は、最終追切りのラップパターンが
最後の1Fが最速になる加速ラップを踏めていたいた馬で、
*の数や赤文字によって全体時計とのバランスの良さを示します。

 

補足3

血統欄の*印は、オークスの必須血統を持つ馬を示します。
ダンチヒ系特にデインヒルを持つ馬は太赤文字にしています。

 

補足4

牝系スケール欄の着色は、赤がG1連対馬が居る牝系で、
「外」は海外G1実績、*印は東京2400mG1実績馬が
いる牝系と言う意味です。

 

補足5

レシピ欄の「×」は、OP以上のレースで
上り3位以内実績が無い馬になります。

 

その他のEZWINの説明は⇒ココをクリック

 

EZ・WIN予想

評価1位は⑬ラヴズオンリーユーですが、

少頭数の競馬しかしておらず、さらに初の長距離輸送。

 

ノーザンファームのディープ産駒のオークス実績は

【3・2・3・4/12】複勝率66%と優秀過ぎますが、

この馬の母父はストームバードで、この配合は着外の「4」

に含まれておりますな。

 

③コントラチェックもノーザンファーム生産のディープ産駒。

しかし、前走1800mは着外の「4」に含まれますな。

 

残る1頭のノーザンファーム生産ディープ産駒は、

昨年の最優秀2歳牝馬⑧ダノンファンタジー

 

この馬は、母父がグレイソヴリン系(ナスルーラ系)で、

同じナスルーラ系を母父に持つディープ産駒のクルミナルは

オークス3着馬でございました。

 

体型的にもマイルでも長いかと思わせるような

筋肉質なマッチョガールで、気性も前向き過ぎ。

 

ただ、中内田厩舎と川田騎手のコンビなら、

育成(仕上げ)と乗り方で克服してくる可能性大。

 

評価2位の⑦シャドウディーヴァは、

G1レポートでも取り上げた穴候補。

 

血統と馬体から、距離延長はむしろ歓迎材料で、

あとは純粋な力関係だけでございましょうな。

 

ハーツクライ産駒は、ヌーヴォレコルトと

アドマイヤミヤビが馬券になっておりますが、

リスグラシューが圏外に敗れておるのも事実。

 

成長が遅い傾向の有る種牡馬の子供だけに、

全幅の信頼とは参りませぬが、ターゲットのZ指数は2位。

 

母父にデインヒルの血を持つこの馬に期待します。

 

ダノンファンタジーと同点評価の⑫ウィクトーリアは、

前走でシャドウディーヴァをハナ差で降していた馬。

 

シャドウディーヴァは内の狭い所で追出しが遅れましたが、

ウィクトーリアも前が壁になって追えず、外に切り替える

ロスの多い競馬でありましたが、道が出来てからの伸びは

凄まじいものがございましたなぁ。

 

⑪シゲルピンクダイヤは、やって見なけりゃ分からん。

と言ってしまいたい血統評価でございますが、

重要血統を母系に2系統保持しており、スローの

上り勝負になれば当然有力候補でありましょう。

 

次点評価の④シェーングランツと⑯ビーチサンバ。

シェーングランツは、1800mでは中団から、

あるいはマクリも出来ていた馬。

 

アルテミスSでビーチサンバを交わして

非常に強い勝ち方をしてしまった為に、

マイラーだと誤解を受けたのかも知れませぬなぁ。

 

しかし、マイルは忙し過ぎるのやも知れず、

大幅に距離が延び追走が楽になれば、出来る競馬の幅が

一気に拡がり、ここで大きな変わり身を見せる可能性は

かなり高いのではないかと存じますな。

 

⑯ビーチサンバ

母フサイチエアデールはオークス5着馬。

半兄のフサイチリーシャルはマイルG1馬。

距離不安もありそうなところでございますが、

トータルで近親の戦績を見れば、2400mの

複勝率は40%を超えておりますな。

 

出来は生涯最高とも言える仕上がりで、

親戚のクロノジェネシスと壮絶な叩き合いを演じ、

上り32秒台をマークした東京が舞台なら、

高速馬場に強いクロフネの血を活かした激走も。

 

②クロノジェネシスは、レアな父を持つために

血統評価点が異常に低くなりましたが、体型的には

マイルよりも中距離向きに映りまする。

 

牝系の距離適性も高く、今回の延長は吉と出そうですな。

馬体を合わすことさえ出来れば、競り負けるシーンは

ちょっと想像しにくいタイプでもございましょうか。

 

最後に1頭

⑤エールヴォア

近親にジャパンカップを制した女傑

ショウナンパンドラがいる牝系で、このコースは要注意。

前走の桜花賞では、上り32秒台の脚を使いながらも

坂で脚色が鈍り離された形の敗戦。

 

2000mなら逃げて押し切る競馬も出来るタイプ。

逆にマイルは忙しく追走一杯で脚が溜まりきらない。

というイメージもございますな。

 

距離が延びて真価を発揮する可能性は秘めておりましょう。

 

 

馬券は馬連がお買い得でっせ

 

このレースは馬連の配当5%上乗せ対象。

 

馬券の平均回収率を、5%も底上げするのは

並大抵の事ではございませぬ。

 

その苦労を思えば、まさに天使のような馬券ではございませぬか。

 

本命は2頭(ズルい)

⑦シャドウディーヴァ

⑯ビーチサンバ

 

相手は

②クロノジェネシス

④シェーングランツ

⑧ダノンファンタジー

⑪シゲルピンクダイヤ

 

もっといっぱい買いたいようなレースですが

収拾がつきませぬので、この6頭に絞りまする。

 

馬連フォーメーションで9点でございますな。

⑦⑯-②④⑦⑧⑪⑯

 

3連複はフォーメーション15点

⑦-②⑯-②③④⑤⑧⑪⑫⑬⑯

 

あとは、シェーングランツの単複を勝って、

合計26点でオークスを楽しみたいと存じまする。

 

以上、オークスの予想とEZWINでした。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!