京都芝1600mコース攻略ガイド

京都芝1600m外回りコースは

G1マイルチャンピオンシップ、G2マイラーズC

G3京都金杯、シンザン記念などが行われる京都の主流コース。

 

ここでは、コースの特性・血統傾向・脚質傾向

などの好走馬の傾向を詳細に分析して参ります。

 

また、当ブログ名物の「血統馬券レシピ」も

掲載して参りますれば、お見落とし無きよう

目を皿になさってお読みくださいませ(*_ _)

 

コース概要

2コーナーのポケットにあるスタート地点から、

3コーナーまでの直線距離が約700mと非常に長く、

スタート直後はまるで新潟の直線競馬のように

横広の状態のまま先行争いに。

 

ただ、向正面の半ばから3コーナーにかけては

「高低差約4m」の上り坂のため、ハイペースになる事は少なく、

メンバー次第ではスローペースになる事も多いのが特徴。

 

実際、G1マイルチャンピオンSでも

近5年のうち3度はスローペースで流れており、

2017年は快速逃げ馬マルターズアポジーが引っ張りミドルペース。

 

2016年はハイペース逃げを得意とするミッキーアイルに、

2番手追走が消耗戦を得意とするネオリアリズムという、

「ハイペース好み」の2頭が引っ張った結果のハイペース。

 

このように「速い流れで引っ張る馬」が居なければ、

スローペースで流れる事の方が多いコース。

 

3コーナーから4コーナー入り口にかけては、

ほぼ直線と言っていいような下り坂の高速コーナーで、

そこを一気に下り、平坦な約400mの直線に向かう、

スピードの持続性が強く問われるコース。

 

また、スピードに乗ったまま4コーナーに進入する為、

直線入り口では遠心力で馬群は横に広がり、大きくバラけて

最内がポッカリ空くケースも良く見られる光景。

 

そして、京都の芝コースは移動柵がA~Dコースまで取れるため、

終始インコースの良い状態が続きやすく、インを器用にさばく能力と、

他馬にひるまず馬群を割る根性が重要になるコース。

 

時計的には、古馬OPクラスの平均走破タイムは

1分33秒ジャストと、新潟や東京の平均よりも速くなる

「日本一の高速マイルコース」

 

レースの前半3F(600m)と後半3F(600m)の

ラップ(区間)タイムは、古馬のOPクラス平均では、

後半が前半よりも0.7秒速い「後傾ラップ」が標準で、

標準的なペースは「スローペースに近いミドルペース」

という事になります。

 

血統傾向

主流コースゆえに、好走血統も主流血統が中心。

父の系統別成績

サンデー系の分類説明は⇒ココをクリック

 

チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープ系 15- 11- 20- 92/138 10.9% 18.8% 33.3% 84 73
キングマンボ系 12- 14- 8- 78/112 10.7% 23.2% 30.4% 134 80
Tサンデー系 12- 11- 15-129/167 7.2% 13.8% 22.8% 160 85
フォーティーナイナー系 7- 3- 1- 36/ 47 14.9% 21.3% 23.4% 48 38
Pサンデー系 6- 10- 6- 87/109 5.5% 14.7% 20.2% 52 67
ノーザンダンサー系 4- 6- 8- 64/ 82 4.9% 12.2% 22.0% 27 52
ヘイロー系 3- 3- 3- 22/ 31 9.7% 19.4% 29.0% 42 145
ヴァイスリージェント系 3- 2- 2- 12/ 19 15.8% 26.3% 36.8% 63 86
ロベルト系 2- 5- 1- 22/ 30 6.7% 23.3% 26.7% 20 92
サンデー系 2- 3- 0- 53/ 58 3.4% 8.6% 8.6% 71 36
ボールドルーラー系 2- 1- 1- 12/ 16 12.5% 18.8% 25.0% 238 51
ミスプロ系 1- 3- 2- 31/ 37 2.7% 10.8% 16.2% 5 29
Dサンデー系 1- 0- 6- 22/ 29 3.4% 3.4% 24.1% 33 107
ストームバード系 1- 0- 1- 11/ 13 7.7% 7.7% 15.4% 53 228
グレイソヴリン系 0- 0- 0- 18/ 18 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17 レース機会数 : 10 回以上

 

 

種牡馬別成績

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 13- 11- 19- 82/125 10.4% 19.2% 34.4% 74 73
アドマイヤムーン 7- 3- 1- 26/ 37 18.9% 27.0% 29.7% 61 48
キングカメハメハ 6- 9- 5- 43/ 63 9.5% 23.8% 31.7% 193 100
ロードカナロア 6- 4- 1- 14/ 25 24.0% 40.0% 44.0% 114 73
ハーツクライ 5- 4- 6- 49/ 64 7.8% 14.1% 23.4% 295 106
ダイワメジャー 4- 6- 3- 45/ 58 6.9% 17.2% 22.4% 62 70
タイキシャトル 3- 2- 2- 14/ 21 14.3% 23.8% 33.3% 63 176
マンハッタンカフェ 3- 1- 3- 22/ 29 10.3% 13.8% 24.1% 166 73
ヴィクトワールピサ 2- 3- 0- 10/ 15 13.3% 33.3% 33.3% 39 89
クロフネ 2- 1- 0- 9/ 12 16.7% 25.0% 25.0% 48 77
ディープブリランテ 2- 0- 1- 9/ 12 16.7% 16.7% 25.0% 196 79
ハービンジャー 1- 4- 7- 20/ 32 3.1% 15.6% 37.5% 27 85
ステイゴールド 1- 2- 4- 30/ 37 2.7% 8.1% 18.9% 3 56
ネオユニヴァース 1- 0- 6- 15/ 22 4.5% 4.5% 31.8% 44 142
メイショウサムソン 1- 0- 0- 10/ 11 9.1% 9.1% 9.1% 26 12

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17 レース機会数 : 10 回以上

 

ロードカナロア産駒の成績が目立ちますが、

これにスパイスを加える事で、勝率・単勝回収値は

共に2倍以上という「コクと深み」が出て参ります。

 

血統馬券レシピ

レシピ条件

・ロードカナロア産駒

・前走の単勝人気が4番人気以内

・牡馬・セン馬

勝率・回収値

単勝率 50% 単勝回収値 255円

複勝率 70% 複勝回収値 116円

 

母系の傾向

母父馬系統別集計

チェック母父馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ノーザンダンサー系 16- 13- 21-131/181 8.8% 16.0% 27.6% 62 65
サンデー系 11- 11- 12- 96/130 8.5% 16.9% 26.2% 49 61
ミスプロ系 8- 7- 8- 86/109 7.3% 13.8% 21.1% 141 63
ストームバード系 6- 2- 1- 17/ 26 23.1% 30.8% 34.6% 325 82
Tサンデー系 5- 6- 3- 42/ 56 8.9% 19.6% 25.0% 78 127
グレイソヴリン系 5- 2- 1- 23/ 31 16.1% 22.6% 25.8% 295 114
ロベルト系 4- 3- 2- 34/ 43 9.3% 16.3% 20.9% 187 73
ヘイロー系 3- 4- 1- 27/ 35 8.6% 20.0% 22.9% 34 61
キングマンボ系 2- 4- 0- 17/ 23 8.7% 26.1% 26.1% 19 64
その他のエクリプス系 2- 2- 4- 20/ 28 7.1% 14.3% 28.6% 97 94
Pサンデー系 2- 1- 2- 20/ 25 8.0% 12.0% 20.0% 26 50
マンノウォー系 2- 1- 0- 5/ 8 25.0% 37.5% 37.5% 158 86
ネイティヴダンサー系 2- 0- 0- 7/ 9 22.2% 22.2% 22.2% 278 93
ヴァイスリージェント系 1- 8- 9- 44/ 62 1.6% 14.5% 29.0% 10 91
フォーティーナイナー系 1- 2- 0- 17/ 20 5.0% 15.0% 15.0% 100 49

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17

 

父としては冴えない成績だった

ミスプロ系・ストームバード系といった

ダートの主流血統は、母系に入ると成績が

ガラリ一変しますな。

 

特に母父ストームバード系は、

上級条件戦では無類の強さを発揮しとります。

↓↓↓

母父ストームバード系 クラス別集計

クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1000万下 4- 0- 0- 5/ 9 44.4% 44.4% 44.4% 838 152
1600万下 2- 1- 0- 1/ 4 50.0% 75.0% 75.0% 227 127

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 1.12

 

 

また、父としてはサッパリだったグレイソヴリン系も

母系に入ると複勝率のみではなく、単複ともに回収値が

黒字回収となっております。

 

 

母父グレイソヴリン系 種牡馬系統別成績

種牡馬系統 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
Pサンデー系 2- 1- 1- 7/11 18.2% 27.3% 36.4% 92 70
Tサンデー系 2- 0- 0- 8/10 20.0% 20.0% 20.0% 82 35
キングマンボ系 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 2440 806

集計期間:2016.10.16 ~ 2019. 2. 9

↑↑↑

母父にグレイソヴリン系を持つ馬で馬券になっているのは

上記の3系統の種牡馬を父に持っている馬だけでございます。

 

 

クラス別 前走脚質傾向

直線が平坦という事で、

前残りの多く見られるコースではございますが、

クラス別に見てまいりますれば・・・

 

500万下 前走脚質別集計

前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 2- 1- 1- 10/ 14 14.3% 21.4% 28.6% 235 88
平地・先行 5- 9- 6- 54/ 74 6.8% 18.9% 27.0% 36 77
平地・中団 11- 5- 6- 88/110 10.0% 14.5% 20.0% 171 58
平地・後方 1- 4- 7- 85/ 97 1.0% 5.2% 12.4% 18 50
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3F 1位 0- 3- 3- 17/ 23 0.0% 13.0% 26.1% 0 53
3F 2位 4- 2- 2- 16/ 24 16.7% 25.0% 33.3% 83 61
3F 3位 2- 0- 1- 14/ 17 11.8% 11.8% 17.6% 31 30
3F ~5位 1- 2- 5- 34/ 42 2.4% 7.1% 19.0% 8 37
3F 6位~ 11- 12- 9-147/179 6.1% 12.8% 17.9% 122 72

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17

 

1000万下 前走脚質別集計

前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 1- 1- 2- 16/ 20 5.0% 10.0% 20.0% 81 51
平地・先行 7- 2- 6- 43/ 58 12.1% 15.5% 25.9% 93 52
平地・中団 11- 14- 11- 61/ 97 11.3% 25.8% 37.1% 72 113
平地・後方 2- 3- 2- 48/ 55 3.6% 9.1% 12.7% 174 51
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3F 1位 4- 4- 3- 14/ 25 16.0% 32.0% 44.0% 138 84
3F 2位 5- 0- 3- 12/ 20 25.0% 25.0% 40.0% 247 75
3F 3位 1- 2- 2- 10/ 15 6.7% 20.0% 33.3% 17 78
3F ~5位 2- 5- 3- 32/ 42 4.8% 16.7% 23.8% 23 62
3F 6位~ 9- 9- 10- 98/126 7.1% 14.3% 22.2% 111 83

集計期間:2016. 4.24 ~ 2019. 1.26

 

1600万下(準OP) 前走脚質別集計

前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 0- 1- 2- 11/ 14 0.0% 7.1% 21.4% 0 49
平地・先行 6- 5- 3- 27/ 41 14.6% 26.8% 34.1% 48 78
平地・中団 5- 3- 7- 22/ 37 13.5% 21.6% 40.5% 299 180
平地・後方 1- 3- 0- 27/ 31 3.2% 12.9% 12.9% 110 43
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0          
3F 1位 2- 1- 1- 9/ 13 15.4% 23.1% 30.8% 20 43
3F 2位 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 491 98
3F 3位 3- 4- 2- 8/ 17 17.6% 41.2% 52.9% 80 84
3F ~5位 1- 4- 1- 12/ 18 5.6% 27.8% 33.3% 126 85
3F 6位~ 5- 3- 8- 52/ 68 7.4% 11.8% 23.5% 134 113

集計期間:2016. 5.14 ~ 2019. 1.13

 

重賞 前走脚質別集計

前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 1- 2- 1- 13/ 17 5.9% 17.6% 23.5% 34 80
平地・先行 4- 3- 7- 49/ 63 6.3% 11.1% 22.2% 31 55
平地・中団 5- 6- 5- 58/ 74 6.8% 14.9% 21.6% 32 52
平地・後方 5- 4- 1- 39/ 49 10.2% 18.4% 20.4% 108 79
平地・マクリ 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 47
3F 1位 9- 4- 5- 26/ 44 20.5% 29.5% 40.9% 151 102
3F 2位 1- 2- 2- 19/ 24 4.2% 12.5% 20.8% 30 73
3F 3位 1- 5- 1- 11/ 18 5.6% 33.3% 38.9% 50 88
3F ~5位 1- 0- 2- 26/ 29 3.4% 3.4% 10.3% 6 47
3F 6位~ 3- 4- 5- 79/ 91 3.3% 7.7% 13.2% 20 40

集計期間:2016. 4.24 ~ 2019. 1. 6

 

ご覧の通り、重賞になると

前走の位置取りによる成績には差がなくなり、

前走上り3Fタイム順位が1位だった馬の成績が

圧倒的に良くなり、回収値もプラス回収となりまする。

 

そして、重賞で前走上り1位だった馬の

種牡馬別成績は以下の通りにございます。

↓↓↓

重賞/前走上り3F 1位 種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ロードカナロア 3- 0- 0- 3/ 6 50.0% 50.0% 50.0% 306 115
クロフネ 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0% 290 150
ディープインパクト 1- 2- 3- 5/11 9.1% 27.3% 54.5% 61 130
ダイワメジャー 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 90 200
アドマイヤムーン 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 213 63
リーチザクラウン 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 2740 480
ヴィクトワールピサ 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 320
ディープブリランテ 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 73
ハービンジャー 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 65

集計期間:2016. 4.24 ~ 2019. 1. 6

 

前走で上り3F1位だったディープ産駒は

複勝率54%・複勝回収値130円と黒字で安定。

「前走の着順が3着以内」という条件を付けると

複勝率71% 複勝回収値161円に大幅アップ。

 

やはり、ディープ産駒は

「勢いが大切」という事でございましょう。

 

 

1番人気の傾向

ここでは、当コースにおける1番人気馬の成績を

色々な角度から分析し、取捨の判断材料を探して参ります。

 

当コースの1番人気馬の成績(条件なし)

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 23- 12- 10- 28/ 73 31.5% 47.9% 61.6% 75 80

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17

 

1番人気 騎手別集計

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
M.デム 4- 2- 2- 3/11 36.4% 54.5% 72.7% 94 101
川田将雅 4- 1- 0- 7/12 33.3% 41.7% 41.7% 80 54
松山弘平 3- 0- 1- 1/ 5 60.0% 60.0% 80.0% 148 108
ルメール 2- 2- 1- 3/ 8 25.0% 50.0% 62.5% 42 71
武豊 2- 1- 1- 5/ 9 22.2% 33.3% 44.4% 43 52
福永祐一 1- 1- 2- 2/ 6 16.7% 33.3% 66.7% 28 93

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17 レース機会数 : 5 回以上

 

1番人気 種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 4- 2- 0- 5/11 36.4% 54.5% 54.5% 89 73
アドマイヤムーン 4- 1- 1- 2/ 8 50.0% 62.5% 75.0% 115 92
キングカメハメハ 2- 4- 2- 5/13 15.4% 46.2% 61.5% 34 83
ロードカナロア 2- 1- 1- 3/ 7 28.6% 42.9% 57.1% 71 74
ヴィクトワールピサ 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 196 86
ダイワメジャー 1- 1- 1- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0% 36 66
ステイゴールド 1- 0- 2- 0/ 3 33.3% 33.3% 100.0% 43 123
Smart Strike 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 70 103

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17 レース機会数 : 3 回以上

 

 

1番人気 クラス別集計

クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
500万下 5- 6- 2- 6/19 26.3% 57.9% 68.4% 56 94
1000万下 6- 5- 4- 6/21 28.6% 52.4% 71.4% 69 90
1600万下 5- 0- 0- 7/12 41.7% 41.7% 41.7% 99 51
OPEN他 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 80 67
OPEN(L) 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0% 310 120
G3 3- 0- 2- 1/ 6 50.0% 50.0% 83.3% 115 110
G2 1- 1- 1- 3/ 6 16.7% 33.3% 50.0% 30 60
G1 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17

 

G2・G1においては、1番人気が

あまり当てにならないようでございますなぁ。

 

生産牧場

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ノーザンファーム 19- 17- 21-129/186 10.2% 19.4% 30.6% 101 70
社台ファーム 12- 15- 13- 73/113 10.6% 23.9% 35.4% 84 79
社台白老ファーム 4- 1- 2- 20/ 27 14.8% 18.5% 25.9% 159 63
ダーレー・ジャパン 3- 3- 1- 12/ 19 15.8% 31.6% 36.8% 108 63
下河辺牧場 2- 1- 1- 19/ 23 8.7% 13.0% 17.4% 126 56
浦河日成牧場 1- 0- 5- 9/ 15 6.7% 6.7% 40.0% 134 111

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17 レース機会数 : 15 回以上

 

出走頭数では2大牧場には及びませぬが、

戦績ではダーレージャパンの生産馬が最も優秀。

 

 

また、牝馬♀に限定すると、

ノーザンファームの生産馬よりも

社台ファームの生産馬の方が期待値が高いと言う

主流コースとしては珍しい傾向が見られまする。

↓↓↓

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ノーザンファーム 7- 6- 6-60/79 8.9% 16.5% 24.1% 110 59
社台ファーム 4- 6- 6-24/40 10.0% 25.0% 40.0% 173 118

集計期間:2016. 4.23 ~ 2019. 2.17 限定条件:牝馬のみ

 

 

以上、京都芝1600m外回りコースの

コース攻略ガイドでございました。

 

競馬予想のご参考になりましたら

誠にもって光栄の至りに存じまする(*_ _)☆

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!