重賞レポート G2中山記念

今週の重賞は2鞍。日曜中山ではG2中山記念、日曜阪神ではG3阪急杯が開催されます。本日は中山記念の好走傾向を、血統や距離適性から検分して参りますれば、御用とお急ぎでない方は、しばしお付き合い下さいませ。予想のご参考になさって頂けましたら、誠にもって有難き幸せに存じまするm(_ _)m

先週の回顧と反省

先週のメインレース(重賞)を振り返って、反省点と次走注目馬をピックアップ。今回の過ちを今週以降の競馬に活かせるよう、努力して参りたいと思います。

G1フェブラリーS EZ☆WIN予想

今年最初のG1で、日本人女性騎手が初めて騎乗するフェブラリーS。昨年のチャンピオンズカップ優勝馬ルヴァンスレーヴが故障休養と言うのが淋しいですが、好メンバーが揃ったG1にふさわしいメンバー構成。EZ☆WIN総合評価シートの導いた評価1位馬は・・・

G3ダイヤモンドS

土曜日の重賞ダイヤモンドSの好走馬の傾向を分析します。平地競走(ジャンプ以外)では東京最長の3400mで開催されるハンデ重賞でございますな。非根幹距離のレースでございますれば、前走の距離が同じく非根幹距離である2200m・2500mだった馬の好走が目立つレースでございまする。

G1レポート フェブラリーS

今年のG1開幕戦。日曜東京11R「G1フェブラリーステークス」。舞台は東京ダート1600m。コーナーが2回で直線の長いスピードコースで開催されます。血統的な適性がハッキリしているコースで、好走に必要な血を待たない馬は毎年苦戦傾向にあります。それではさっそく今年の出走馬について、適性診断をして参りましょう。

血統馬券レシピは爆発だ~

血統とコース特性。この二つが生み出す「至高のレシピ」を無料でお伝えします。このレシピを身に付ければ、きっとあなたの競馬予想にコクと深みが加わって、毎週の競馬が楽しみになるでしょう。

error: Content is protected !!