金鯱賞 EZ-WIN予想

 


競馬・血統理論ランキング

 

本日の中京メイン「G2金鯱賞」

サートゥルナーリアに隙があるのや否や?

 

毎年のように5番人気以下が

連対するレースでございますれば、

今年の穴馬をEZ-WINを使って

予想して参ります。

 

 

 

金鯱賞 EZ-WIN予想

 

この時期の開催に移行して今年が4年目。

過去3年データからは、王道血統とも言える

ディープ・ハーツクライ・キングカメハメハ

この3頭の種牡馬産駒が馬券圏内をほぼ独占。

 

今年はハーツクライ産駒不在ですが、

その後継種牡馬のジャスタウエイ産駒

ロードマイウェイが出走。

 

金鯱賞の好走配合は・・・

ディープを父に持つ馬は母父が欧州型。

 

キンカメを父に持つ場合は

母父がヘイルトゥリーズン系。

 

キンカメの後継種牡馬

ロードカナロア産駒も

同じ扱いで良いかと思いまする。

 

②ラストドラフトは、

欧州型×ディープと言う組み合わせで、

これも好走配合として扱いまする。

 

 

サートゥルナーリアが

2枚ほど抜けた存在でございますが、

重箱の隅を突っつけば・・・

 

左回りが合わない。斤量58㌔。

 

左回りについては、

直線で右手前のまま走ってしまい、

疲れて止まるのが原因でございましょう。

 

ただ、東京に比べると、

中京の直線は100m程短くなるので、

手前を替えずに走っても強いまま。

かも知れませぬな・・・

 

斤量差については、

一般的には1キロ差があれば

着差は1馬身変わる。

と言われます。

 

ならば2馬身差し引いてなお強いか?

指数的には、ラストドラフトが

少しだけ上積みがあれば逆転可能。

としておきまする。

 

ラストドラフトはいまだキャリア7戦。

 

父に欧州の血を持つ事で、

成長曲線が穏やかになり、

完成は4歳以降でございましょう。

 

もしサートゥルナーリアが

直線で疲れてしまい、斤量差に

泣かされたとすれば・・・

 

打倒サートゥルナーリアの筆頭は

ラストドラフトとなりましょうか。

 

しかし、それでは人気過ぎますな。

 

ここは斤量差4㌔の紅一点。

サトノガーネットに狙いを定めまする。

 

サトノガーネットは、

ディープ×欧州型の好走配合で、

実際、当コース重賞ウイナー。

馬名赤文字にし忘れてますが(*_ _)

 

斤量4㌔差=4馬身

 

何とかならぬものかと、

一縷の望みを託して

本命でございます。

 

 

それでは佳き馬券を(*_ _)

 

 

# 金鯱賞 予想

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!